梅崎、腰痛の緊急手術へ 前半戦絶望も…浦和という記事より。

MF梅崎司(22)=浦和=が持病の腰痛の緊急手術を受ける可能性が高いことが19日、分かった。最悪の場合、全治3か月となるもようで、期待の司令塔が前半戦絶望の危機に立たされた。

腰痛で戦線離脱している梅崎司ですが、どうやら「つい間板周辺の組織が神経部分を刺激」しているという原因が明らかになり、手術する方向で調整していることが明らかになったそうです。

攻撃的MFのスタメン最有力候補だった梅崎は1月末の宮崎合宿後、急性腰痛症の疑いでダウン。2月の指宿合宿では一度もトップチームに合流できず。サッカー人生最長のリハビリを経て、7日の開幕・鹿島戦直前にチームに復帰したが、再発。

今シーズンのサッカーは梅崎が活きるサッカースタイルだと思ったので、周囲も本人も期待していたと思うのですが、長期の戦線離脱は本当に残念です。

「痛みの原因がはっきりと分かってよかった。夏までにまた大きくなって戻ってきます」と梅崎司はコメントしています。全治には最長で3ヶ月と見られています。

腰痛には草加の古谷施術院をお勧めしたいです。草加に住んでいる時に紹介してもらったのですが(世腰痛で立つこともままならなくなっていた)、浦和に戻ってからも腰痛になると通っていました。おかげさまでここ10年近く、腰痛は再発していません。

確か長野オリンピックでトレーナーをしていたはずで、ぼくが通院していた時も、実業団や大学の陸上選手がわざわざ草加まで通ってきていました。