冷たい雨の降る中、浦和レッズのホーム開幕戦が行われました。鹿島アントラーズとの試合で感じた“ワクワク”を見事、体現してくれた選手たち。試合結果は3-1で快勝。ホーム埼玉スタジアムで久しぶりの勝利となったのでした。

200903161458.jpg

スタジアムに入り、ゲートをくぐると同時にファーストインプレッションが流れはじめます。試合開始とほぼ同時に着席。

ホーム開幕戦でも原口元気がスタメン起用されました。田中達也と組むFWは高原からエジミウソンに。そして右サイトバックは山田、左サイドバックに細貝という布陣。

前半の早い段階でセットプレーが阿部勇樹がゴールをゲット。そのすぐ後にオウンゴールがあるのですが、去年感じたような“悪い予感”はみじんも感じませんでした。むしろ、これでさらに面白くなる、と。

200903161459.jpg

浦和レッズとFC東京は今シーズンは同じ4-4-2の布陣をとります。そしてFC東京もボールと人が動くコンビネーションサッカーを展開します。どちらかというと攻撃的。そういう意味でも、打ち合いになって面白いんじゃないかという予感。

さらに、ポンテのセンタリングをゴール前に飛び込んだエジミウソンが足の裏で押し込んだり、最後は途中出場した山田直輝がアシストしてポンテがゴールしたりと、非常に見応えある試合になりました。

言うなれば「もっと見ていたい」です。こんなにも90分を短く感じるなんて、本当に久しぶりのことだと思います。

山田暢久も確変していたし、エジミウソンも見違えるほどですね。鈴木啓太の危機察知する嗅覚も戻りつつあるようですし、2008シーズンはいったいなんだったのか、と。

フィンケ監督の目指すショートパスを繋ぐコンビネーションサッカーが垣間見えた‥‥というか、上出来すぎる試合でしたね。

浦和レッズの選手たちが上手にショートパスを繋ぐサッカーなんてできるのだろうか? なんて心配は杞憂でした。本当に周りがよく見えているし、ダイレクトに「そっち」と思う方向にパスが繋がっていきます。

きれいに逆サイドにパスが繋がっていったり、戻したボールが再び前線に運ばれていく様は、実に美しい‥‥。これが見る者を魅了するサッカーなのか、と。

200903161544.jpg

ボールポゼッションはどんな数字になっているのでしょうね。レッズの選手がボールを回し、ここぞという場面で攻撃に転じるところなど、見ていてしびれました。攻守の切り替えスピードも改善されていたと思います。

しかし、このサッカーはまだ始まったばかり。今回はうまくいきましたが、停滞することもあるでしょう。その停滞を、次のジャンプへの踏み込みとしてサポーターが認識できるかどうか、が大切です。

200903161545.jpg

ポンテのアシストをした山田直輝がゴール裏へ駆け寄り、クルヴァに向かってガッツポーズを見せました。新入団の彼にしてみれば、埼玉スタジアムのピッチやサポーターというのは、相当な憧れがあったことでしょう。

一目散にゴール裏にかけていった彼の姿に、浦和レッズが変わりはじめているという手応えを感じずにはいられませんでした。

//////

スカパーを契約するのはなんだか負けた気がして悔しい(?)のですが、それをしてでも、アウェイの試合も含めて全試合を観戦したい衝動にかられています。

■関連記事

vsFC東京 試合後 フィンケ監督

しかし、ここで間違った印象を持たれませんように。私たちのプレーが今日とても素晴らしかったというわけではありません。もちろんあるところではよかった部分もありますけれども、まだまだ時間がかかると思っています

浦和フィンケ監督変幻采配日本1勝

フィンケ監督は、勝利の余韻が漂う、赤く染まった観客席を見渡しながら「さあ、行くぞ」と選手たちを再びピッチへ促した。試合直後に試合会場で、異例のクールダウン。就任間もない指揮官を信じて戦い、今季初勝利を手にした選手たちの姿をもう1度、地元サポーターに披露したかった。

勇樹が救った!浦和、ホーム203日ぶり勝利

「オシムさんは僕らにポリバレント(多様性)という言葉を与えてくれた。でも、このままではただの便利屋になってしまう」相次ぐ内紛と監督人事を巡る迷走で名門凋落(ちょうらく)した昨季終盤、阿部は嘆いた。

フィンケ采配ズバリ!浦和3発初勝利

ドイツで約600試合を経験した指揮官も試合中は興奮していた。後半33分から途中出場した山田直は「監督が興奮してドイツ語で指示されたので(コーチ兼通訳のモラス)雅輝さんが来るまで何を言っているか分からなかった」と説明。

浦和・フィンケ監督、初勝利にも厳しく手綱締める

「シーズンの初めだろうが、途中だろうが勝利の価値は同じ。間違った印象を残さないようにしたいのだが、われわれがとても素晴らしかったわけではない」と厳しく手綱を締めた。

采配ズバリ!フィンケ浦和、初勝利

試合前日に両サイドバックを入れ替えると、右の山田暢、左の細貝は無難にプレー。「(33歳の)山田暢は若手のようなプレーをした」と、最終ラインの改造が吉と出て胸を張った。

浦和、ホーム初戦で快勝!再起へ第一歩

目指す形に一番近かったのは後半38分の3点目か。DF坪井が左サイドのスペースを突いて駆け上がり、中央へパス。18歳の山田直を経由して最後はポンテがけり込んだ。

闘莉王、頭部7針縫うけがも「もう大丈夫」

「傷はもう大丈夫。病院へも行かないと思う。自分はいつも、命がけで試合をやっているし、これからも命がけでやる」

血染めの闘将・闘莉王が仁王立ち

1―1の前半42分。MF原口の左クロスに飛び込んだ闘莉王は、F東京・茂庭と激突。右前頭部をしたたかに打ち、7センチで7針を縫う裂傷。

闘莉王血染めのフル回転!頭7針縫った

試合後はスタジアム内で傷口を7針縫い、目はうつろ。「きょうはすみません」とだけ話して、会場を後にした姿が、自らを限界まで追い込んでいたことを物語っていた。

岡田監督も浦和パスサッカーを絶賛

浦和―FC東京戦を視察し「浦和は昨季とは全然違う。凄くいい。(7日の開幕戦)鹿島戦も負けたけど内容は悪くなかった」とフィンケ監督の掲げるパスサッカーを絶賛。