気温が上昇した3月の土曜日、浦和レッズのホーム開幕戦が、埼玉スタジアムで行なわれました。宇賀神の得点により、見事、ホーム開幕戦を1-0の勝利で飾りました!

全員集合のマッチデーカード。

Jリーグは開幕していましたが、ライブで試合観戦は今シーズンはこれが初。特に、新戦力は楽しみでした。

ファーストインプレッションでは、スタジアム一体となるコレオ。

ゴール裏にはデカユニも登場し、気持ちも一気に盛り上がりました。

新しくなった電光掲示板です。以前は時計部分があったところまで、液晶部分が広がっています。時計もCGになりました。

試合に関しては、キックオフから浦和レッズが押し、非常に楽しい時間帯が続きました。新戦力としは興梠と森脇ですが、やはり効いてましたね。

鈴木啓太がズドンと放った縦パスが興梠に収まり、それを走り込んできた宇賀神にパス、練習通りという見事なゴールを演出しました。

その後も見ていて楽しい展開が続きましたねぇ。

観客も5万人を超えました。

原口元気も良かったです。献身的なプレーができるようになりましたし、シャドーの位置だと得意のドリブルもいきてきます。倒されなかったですよね、体幹が強くなったのでしょうね。

楽しい90分でした。

ヒーローインタビューは、得点を決めた宇賀神でした。

興梠も利いてましたよね。これまで浦和レッズにはいなっかたタイプの選手です。興梠が浦和レッズでプレイしているのはまだ不思議ですが、本当によい補強だったと思いました。

ホーム開幕戦とはいえ、これだけの観客を集めたのは、昨シーズンに結果を残せたこと、そして第1節に勝利したこと、今後に対する期待感が大きいでしょう。

シーズンを通せば調子が落ちることもあるでしょうが、どれだけブレ幅を減らせるか、ですね。ミシャ監督の手腕に期待です。

勝利で歌われた「We are Diamonds.」では、選手たちは「新たな歴史を刻む為に今シーズンも共に」と書かれたTシャツを着ていました。

今シーズンも、共に闘いましょう!