Chikichiki 12938

浦和駅東口は商店街の外れにある焼鳥屋「ちきちき」が、メニューがリニューアルして、鶏の希少部位が食べられるようになったたというので行ってきました。

Chikichiki 12939

実は後で分かったのですが、メニューの中身はあまり変わってなく、デザインのリニューアルでした。

とはいえ、新しく加わった希少部位もありましたし、デザインが変わったことで「これ新しいメニューなの?」「前からあります」みたいな感じで、前からあるメニューなのに新発見があって面白かったです。

さて、希少部位のメニューはコチラ。

Chikichiki 12940

・本わさび使用ささみの炙り串
・鶏カルビ
・ひざ軟骨こりこり串
・ペタ(尻っぺたの皮)
・背肝(鶏の三大珍味の一つ)
・鶏のハラミ

上の3つは前からのメニューで、下の3つが新たに加わったメニューです。

前に「何かアイデアないですかね?」と聞かれた時に「希少部位を食べたい」といった記憶があるので、もしかするとそれが活かされたのだったら嬉しいと思いマスターに聞いたら「自分で考えた」と言っていました。

まあ、ツンデレマスターなのでよくあることです。その調子で、鶏ホルモンの煮込と鶏レバ刺しもお願いします。

Chikichiki 12941

まずは生ビールで乾杯。「ちきちき」の生ビールはハートランドです。ハートランドの生ビールは、浦和駅周辺の居酒屋では珍しいですね。

Chikichiki 12942

まずは「背肝」から。なにこれうまい!

柔らかいけれど独特の歯ごたえと苦味がありました。山椒が出てきたのですが、分かります、鰻の肝みたいですね。

Chikichiki 12943

続いて「鶏のハラミ」です。鶏にハラミがあるんですね、と思いながら口に入れると、これまた脂フルでジューシー!

旨味!

Chikichiki 12945

そして「ペタ」です。普通の皮よりも肉厚な感じで、こちらもジューシーで美味いですね。

Chikichiki 12948

とりあえず、新規の希少部位を3種類頂いたのですが、自分的なヒットは「背肝」です。初めて食べたし、独特の風味が気に入りました。

続いては定番のコチラです。

Chikichiki 12946

「やわらか ればぁー」です。つまり、レバーです。「ちきちき」に初めて来た人が驚くのがこのレバーで、やわらかふわふわで、オンリーワンなレバーだと思います。

Chikichiki 12947

「ハツ」もジューシーで美味いってんだ、この野郎!

Chikichiki 12949

ツンデレ仕様のマスターです。

Chikichiki 12950

3人で行ったのですが、閉店も間近ということで白米が少なくて1人前しかなかった限定の親子丼です。いつも焼鳥丼にしていたのですが、玉子が入ると、また違った美味さがありますね。

で、白米が人数分なかったということで特別に出てきたのが、裏メニューの「鶏そば」です。

Chikichiki 12952

麺は素麺を使い、メニューにもある鶏スープ、そしてつくねが入った逸品です。これがね、もう優しい味で〆に最高でしたよ!

もっと大きな丼で食べたいです。美味い、美味すぎる。

Chikichiki 12954

最後にツンデレマスターが勧めてきたのは、マンゴープリンです。

メニューによると「スイーツ王子のマンゴープリン」となっています。聞くと自作だそうです。「お前がスイーツ王子か!」と心の中でツッコミを入れつつ頂いたのですが、甘すぎない感じがとても良かったです。

ちなみに「スイーツ王子」の名前で、ブログも書いているらしいです。ググったところ「スイーツ王子」はたくさん存在しているようです。

いやー、それにしても「背肝」は美味かった。また「ちきちき」がグレードアップしてしまいました。その調子で、鶏ホルモンの煮込と鶏レバ刺しもお願いします。

ごちそうさま!!!!!

炭火焼鳥家 ちきちき [食べログ]

住所:埼玉県さいたま市浦和区東仲町8-16


大きな地図で見る