Kurakawa 11500

和浦酒場の大将が、満を持して浦和駅西口に新規オープンしたのが、和食と日本酒の店「食と燗 くら川」です。

オープン初日にも訪問していたのですが、23時を過ぎていても満席。大将人気を目の当たりにしつつ、改めての再訪となりました。今回はきちんと予約してあります。

Kurakawa 11458

カウンター8席に、テーブル席が一つ(4席)。分厚い一枚板のカウンターの向こう側、スポットライトの当たるその場所は、まさに大将の“ステージ”です。

Kurakawa 11471

まずは最初の訪問ならば、大将の手元をじっくり眺めることのできるカウンターをお勧めします。

まずは、乾杯は瓶ビールで。

Kurakawa 11456

乾杯!

いちおう、メニューを見せて頂きます。

Kurakawa 11460

「いちおう」というのは、実は「くら川」にはメニューらしいメニューがない、という噂を聞いていたからなのです。

Kurakawa 11461

でも、メニューがないなんてことはありませんでした。ちゃんとありましたし、値段も書いてありました。噂は噂でしたね!

ただ、その日の仕入れによってメニューは毎日変わるそうなので、決まったメニューがない、ということは言えます。大将の目利きによる旬のものが、仕入れに応じて出てきますので当然、写真のメニューもこの日限りのものがあります。

アラカルトで頼むのも良いのでしょうが、もちろんここは「おきまり」で! 5,000円のコースをお願いしましたが、食べるということに久々にワクワクしました。

頂いた「おきまり」のお料理です。

Kurakawa 11465

お通しですかね? ジュレ的なもの。

Kurakawa 11466

あん肝。これだけで1時間くらい呑めそう。

Kurakawa 11475

お刺身も全て美味しかったのですけど、特に個人的には金目鯛が旨味でした。

Kurakawa 11478

カキとワサビをあえたもの。これは衝撃的な美味さでした。辛みと絡みあう甘味の不思議なハーモニー。

Kurakawa 11479

海山豚。下の白い部分には、いぶりがっこが入っています。海山豚ももちろんうまいけど、いぶりがっこも美味い。

Kurakawa 11484

蕪にカニ。ほこほこ温まるというものです。

Kurakawa 11488

生コンニャク。さっぱり旨味。

Kurakawa 11491

サービスで頂いたカラスミ。これ1枚で1時間くらいは呑めそうなくらい濃厚でうまいものなのですねカラスミって!

もう本当に、じっくり食べながら、じっくり呑みながらで、このあたりで1時間半くらいは経過していたでしょうか?

Kurakawa 11473

もちろん食べているばかりでなく、ビールの後は日本酒も頂いてましたよ。

Kurakawa 11481

なんといっても「食と燗 くら川」ですからね!

Kurakawa 11486

酒は純米、燗ならなお良し。

Kurakawa 11490

何合くらい呑んだでしょうか。3人で行ったのですが、けっこういい感じで呑んだ気がします。

というのも、料理が美味しいと、さらにお酒も美味くなるのです。この日は忘年会続きだったので、アルコールは控えめにしようと思っていたのですが、そんなことは許されませんでした。

そして〆に!

Kurakawa 11493

炊き立てのご飯が出てきました!

上にいるのは桜海老。桜海老でこんなご飯の食べ方をしたの、本当に初めてだったんですけど、美味すぎです。

口に広がる桜海老の旨味と、炊き立てご飯のコンビは最強です。

Kurakawa 11483

ご飯は目の前で炊かれていたのですが、特注のサイズのお釜なのだそうです。それにしても、なんということなのでしょう、炊き立てのご飯の美味さというものは!!

Kurakawa 11495

もちろんご飯はお代わりして、漬け物で2杯目を頂きました。

Kurakawa 11498

ここまでで2時間と少し。まさに、大将の“ライブ”を観た感じです。食べること、呑むことを五感を使って堪能した、そんな気分です。

Kurakawa 11472

さて、お会計は3人で約23,000円でした。一軒で約7,500円と聞くと高いと感じるかもしれませんが、満足度は2軒分、いや、もしかするとそれ以上に相当するかもしれません。

どういうことかというと、店を出た後に「もうちょっと飲みたい」とか「もうちょっと食べたい」といった気持ちは一切湧き上がってこなかったのです。ただもう「このまま帰って眠りたい」という気持ちになったのです。

つまり、そこで全てが完結するような、ものすごく満足度の高い体験だったのです。

Kurakawa 11469

そう思えば、一軒目で5,000円、2軒目で2,500円といったはしご酒を考えると、身体と心の満足度から総合的に判断して「くら川」で7,500円というのも十分にあるなと思った夜でした。とにかく、心の満足度が高かったです。呑んで食べて至福。

ただ「おきまり」だと頻繁に通うことができない値段であることも確かです。ので、ちょっとお祝い的なタイミングで行ったりすると、より幸せ度がアップしていいんじゃないかな、と思いました。

Kurakawa 11470

客層は、入口に敷居の高さを感じる人もいると思いますが、ぼくが行った時も年輩のご夫婦がいらしてましたが、年齢層は高めだと思います。

ゆっくりじっくり静かに料理を楽しみたいという人向けの店は案外、浦和駅周辺には多くはないと思いますので、静かにファンが増えていきそうだな、と思いました。

ぼくもカウンターに座り、大将の料理を見ながら、日本酒を飲みながら「なんだか大人になったもんだな」なんて思ってしまいましたよ。

Kurakawa 11474

大将が若い頃から買い揃えた器に盛られた料理に目が癒され、そしてその味に舌が癒され、BGMがなく声だけが響く静かな店内に耳が癒され、食べ終わる頃に心の充電池が満タンになるのを、ぼくは感じました。

ごちそうさま!!!!!!

くら川 食と燗 くら川 [食べログ]

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-7-4


大きな地図で見る