スポンサードリンク

離席時に荷物を見守ってくれるアラーム「トレネ(TRN10)」

スポンサードリンク

2018 01 16 1110

クラウドファンディングしているときは「本当にこれで盗難の抑止力になるのだろうか?」とも思ったのですが、いざ製品として発表されると「悪くないかも」と思いました。離席時に荷物の上に置いておくことで、振動を検知するするとアラームで周知するという、モニタリングアラーム「トレネ(TRN10)」が、2018年2月23日より6,800円で発売開始となります。

スポンサードリンク

一人でカフェなどで作業をしている時に、トイレに行く時に荷物をどうするかというのは迷いどころでして。良いタイミングだと思って場所を変えることが多いですが、もしかすると「トレネ(TRN10)」があれば、もう少し作業を延長できるかもしれません。

使い方は「トレネ」とスマホをBluetoothで連携させ、荷物の上におきます。閉じたノートパソコンの上に置くという利用シーンが多いでしょうか。その状態でトイレに行くなど「トレネ」から離れると、自動で警戒状態となります。席から離れた状態で荷物が動かされると、加速度センサーで検知、周囲に音と光で知らせるというものです。

コワーキングスペースやセミナーでも活躍してくれるのですね。バッテリーは充電時間約2時間、連続使用時間は20時間となっています。動き感度の設定は場所によって3パターンで設定が可能です。

海外だとそのまま持ちされてしまうような気もしますが、日本だったら抑止力になりそうな気がします。ただ「非常にゆっくりとした等加速度ですとセンサーが検出できない可能性がございます」というのは、やや心配なところでしょうか。ただ、そんな動き方をしていたら目立ちますかね。

スポンサードリンク

前へ

【動画あり】ボウリングの両手投げが注目を集める 〜プロも誕生

次へ

【Kindleセール】50%OFF!人気の「デザイン」書籍・雑誌 新年セール(1/18まで)