2014 01 06 1531

女性はピンと来ないかもしれませんが、てっぺんに手洗い器のついた男性用小便器「エコトイレサービス(手洗器一体型小便器)」なるものが話題になっているようです。この発想はなかった!

ということで、手洗いつき小便器、普及の兆し 西日本高速が設置という記事になっておりましたよ。

一般の小便器は洗浄に水1~2リットルを使うが、手洗いつきは15%ほど少ない。2012年11月から大分自動車道の山田サービスエリア(SA)、13年4月から名神高速の大津SAで導入。

そうなんですよ。水洗用に水が流れる訳ですから、最初に手を洗ったって良いですよね。いわゆる、家庭などにある水洗トイレと同じ発想ですよね。どうして今までなかったんだ!? というくらいに思ってしまいました。

「洗面台が減り、トイレをゆったりつくれるかも」と西日本高速でコメントしているのですが、身だしなみを整えるために鏡を利用する人もいるでしょうから、洗面台を減らして、違った形の共用スペースが誕生するのかもしれませんね。

「エコトイレサービス(手洗器一体型小便器)」は2013年12月に、エコプロダクツ大賞エコサービス部門の優秀賞を受賞したしたそうです。

NEXCO西日本で設置されているそうですが、実際に試してみたいですね〜。