Motoya ueno 5519

上野の「丸鶏鍋 もと家」といえばタッカンマリ(丸鶏鍋)の名店として知られるようになりました。少し前には「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナーCメン'75にも登場して話題にもなりました。そんな「丸鶏鍋 もと家(上野)」で夏限定で供されているメニューが「辛辛タッカンマリ」です。唐辛子とラー油にまみれた丸鶏が食欲をそそります!

さらに夏の間は辛辛タッカンマリまたはタッカンマリを頼めばハイボールが何杯でも200円です。これは呑まない手はありません。暑さを吹き飛ばす、辛辛タッカンマリとハイボールのコンビはいかがでしょうか?

「丸鶏鍋 もと家」のメニュー

Motoya ueno 5494

鍋店の夏とはいえ、予約がたくさん入っている日もあるらしいので、予約していくのがベターです。2人からでも大丈夫ですし、なんなら20人くらいの宴会でもいけるでしょう。上野駅からも歩けますが、御徒町駅からだと5分くらいと最も近いです。

Motoya ueno 5495

タッカンマリを注文すると200円になるハイボールの告知。コークハイもジンジャーハイボールも対象だそうです。何杯でも200円。しかも、サントリーの専用サーバーから出てくるので、かなり味がしっかりしています(つまり、濃い)。

Motoya ueno 5496

丸鶏宴会コースもお得ですが、時間無制限のハイボール200円もグッド。

Motoya ueno 5498

「人生山ありタッカンマリ」

Motoya ueno 5499

Motoya ueno 5500

Motoya ueno 5501

Motoya ueno 5502

Motoya ueno 5503

Motoya ueno 5504

人数が多めなら、タッカンマリと辛辛タッカンマリの両方をオーダーするのがベスト。〆にはスープをたっぷりと吸う韓国麺の乾麺がオススメです!

Motoya ueno 5505

辛辛タッカンマリは「もと家」オリジナルの汁なしタッカンマリです。ニラ、ニンニク、青唐辛子を漬け込んだ自家製ピリ辛ソースにごま油をかけて頂きます。こちらの〆はビビン麺です。

辛辛タッカンマリは辛い物好きならさらに辛く!

Motoya ueno 5506

自家製鶏ハム。

Motoya ueno 5507

鶏のたたき。

Motoya ueno 5509

白菜、セロリ、チャンジャのキムチの盛り合わせ。

Motoya ueno 5512

手羽先の素揚げ。

Motoya ueno 5513

オリジナルドレッシングのもと家サラダ。

Motoya ueno 5516

初めて食べた鶏もものスタミナ焼きも美味しかった! 自家製の醤油ダレで炒めた料理で、肉の上にニンニクの唐揚げがたっぷりのっています。

Motoya ueno 5518

自家製の辛味噌、マスタード、岩塩を準備して、いよいよタッカンマリです。

Motoya ueno 5520

辛そう〜!

Motoya ueno 5521

ほぐしていただきます!

見た目は非常に辛そうですが、実際には誰でも食べられるくらいの辛さにはおさえられています。

Motoya ueno 5527

ネギとニラで美味いのですが、辛さが物足りない場合には、カプサイシンもあります。

Motoya ueno 5517

これは本当に少量でOKです。ちょっとつけただけで、ぶわっと汗が出てきました。辛いものが好きだったら特にオススメです。

Motoya ueno 5523

続いてタッカンマリも登場です。

Motoya ueno 5526

簡単にほぐれる柔らかさです。スープも美味い。ゴクゴクと飲みます。

夏に食べる鍋も美味いんだな〜。

Motoya ueno 5538

こちらの〆は乾麺にしました。

Motoya ueno 5543

美味いスープを吸った麺をズゾゾゾゾ、と。この味まで辿り着けたら本望ですね!

夏の「辛辛タッカンマリ」は暑い夏を吹き飛ばすメニューです。ぜひ太陽がサンサンと輝いているうちにどうぞ。辛いもの好きなら一度は食べておきたいメニューですね! ハイボール200円も最高ですよ。

「丸鶏鍋 もと家(上野)」あのタッカンマリを上野でも!〆の乾麺が相変わらず絶品!樽生ビールは香るプレミアムという記事もどうぞ。

「丸鶏鍋 もと家」の行き方・アクセス

>>丸鶏 もと家 上野店(仲御徒町/鍋) - Retty

住所:東京都台東区東上野1-11-10