スポンサードリンク

【Uber Eats】配達内容にミスがあると面倒だった話

スポンサードリンク

【Uber Eats】配達内容にミスがあると面倒だった話

埼玉県さいたま市でもスタートしてから何度か「Uber Eats」に食事の配達をお願いしています。デリバリー用の店ではなく、普通のレストランに依頼できるのがとても良いし楽しいと思っています。

配送料も110円からになったし、食事も美味しいし素晴らしいと思っていたのですが、今回、ちょっとしたトラブルに遭遇しまして、そうなると「Uber Eats」のスタイルは無力というか、大変だなと感じたことを書き残しておきたいと思います。

スポンサードリンク

「Uber Eats」とは?

まず基本的なことですが「Uber Eats」は、食事を提供する店舗とそれをデリバリーする人のマッチングを提供しているシステムです。

「Uber」というタクシー配車のシステムをご存知の方も多いと思いますが、あの仕組みを食事デリバリーに適用しているのが「Uber Eats」です。食事を乗せて目的地へ運びます。

「Ubers Eats」はマッチングの仕組みであり、食事を提供することや、それが正しく運ばれることにはあまり深く関与していない‥‥ように見えます。

悪い言い方をすれば、マッチング以外のことは、店舗とドライバーでなんとかしてよね、という風にも見えます(実際にはそこまで放任ではないと思いますが)。

問い合わせの基本はメッセージ

以前にも料金支払いのことで疑問があり「Uber Eats」に問い合わせたことがあったのですが、基本的な問い合わせ方法としては、アプリのヘルプで調べて、それでも解決しなければメッセージするというものです。

急いでいなければ、これはこれで問題ないのですが、今回のように急を要するトラブルだと、ちょっと困ったことになります。

食事の内容が間違って届いた

間違って届いたというか、正確には足りなかったのですが。夕食に4品を注文していたのですが、届いたのは2品でした。

届いた時に「あれ、少ないかな?」とは思ったのですが、パッケージによってはそういうこともあるだろうと思い、そのままにしてしまったのです。

袋を開けて気づいて玄関に戻るも時すでに遅し。ドライバーも帰宅した後でした。

さて、どうするか?

アプリから「Uber Eats」への問い合わせ電話番号を探すも、簡単には見つかりません。どこでどう探したか記憶がないのですが、一つだけ電話番号があったのでかけてみるも、誰も出ません(平日の18時過ぎくらい)。

これは恐らく「Uber Eats」では電話サポートをしていないのだろうと判断し、注文した店舗へ電話しました。そこで担当者(多分アルバイト)が注文を間違えたことが判明します。

どう対応するか折返し電話をくれることになったので、10分くらい待ちました。電話がかかってくると、

・料理は作ったがUber Eatsに問い合わせも配達人がいない(混雑する時間帯のため)

・どうすることもできないのでUbers Eatsに問い合わせ欲しい

ということで、止む無くぼくが「Uber Eats」に電話することになりました。先ほどとは違う電話番号で、どうやら加盟店向けのもののようでした。

電話口に出た担当者に説明をすると、

・届いていない分は返金する
・改めて注文して欲しい

ということで、改めて注文してもデリバリーする人はいないんじゃないかと思いつつ、とりあえず届いていない分の返金だけお願いしました。

全ての商品が届かない場合は、お詫びに500円分がチャージされると言っていたのですが、2品だけ届いていたので、今回はこれはナシ。

この時点で最初の料理が届いてから1時間以上が経過していました。近所のコンビニへ弁当を買いに行きました。

スムーズに食事が届いている時は全く問題ない「Uber Eats」なのですが、トラブルになるとちょっと面倒だな、という感想です。

今後の対策

今回のことを踏まえて、今後は、

・商品が届いたらその場で間違いがないか確認する
・足りない商品があれば全て持ち帰って貰う(注文内容の不備なので)

ということにしようと思います。

届いたものは食べればいいとも思うのですが、届かない商品の再配達は期待できないですし(ドライバーもその責任は負っていないでしょう)、恐らく「Uber Eats」でもそういうオペレーションは組んでなくて「届かなかったら返金」と一律で対応しているような気がするからです。ドライな感じで。

2品だけ食べたので2品分を返金して貰って足りなかった分を再注文‥‥となると、こちらとしてもかなり煩雑な対応となってしまいますので。もしかすると、思い切って外食してしまった方が良いかもしれないですし(時間的に)。

届いたその場で全て商品を確認すれば良かっただけのことではあるのですが、これまでに配達された商品に不備があったことがなかったので油断してました。

今後も使うよ「Uber Eats」を

で、こういうことがあったから「Uber Eats」をもう使わないかというと、そんなこともなくて。やはり普段は行けない/行かないようなお店の料理は楽しみなんですよ。配送料も110円からと使いやすくなりましたし。

「Uber Eats」にはこういうこともあるんだな、と自衛しておけば済む話ですので。勉強になりました。

「Ubers Eats」の対応地域は広がっている

初注文の際に特別コード「eats-eyhtw」を入力すると、あなたの注文が500円オフ、ぼくも500円割引になりますので、よければ使ってください!(さいたま市以外の東京・京都・横浜・川崎・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡でもOKです)

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

「Uber Eats」のドライバーになって13,000ポイント

「Uber Eats」のドライバーになる人が増えているようです。自前の自転車やバイクで配達をこなす人もいれば、該当するエリアに“出勤”してレンタルサイクルを利用する人もいるそうです。

アプリからドライバーとして登録申請することもできますが、ポイントサイトの「配達パートナー募集」案件で登録後、初回配達完了で13,000ポイントが獲得できるというものがあったのでご紹介しておきます(1ポイント=1円で交換可能)。

モッピーというサイトに登録すると参加することができます。詳細はコチラです。

「Uber Eats」のドライバーに興味があった人は、この13,000ポイントはぜひゲットですね!? 詳細はコチラからどうぞ。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

元浦和レッズ・山田暢久、川越でサッカーアカデミーを開校

次へ

人物写真の背景を自動でサクッと抜く「remove.bg」