スポンサードリンク

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

スポンサードリンク

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

iOS版のTwitterアプリがアップデートし、データ通信量を節約する「データセーブ」という機能が追加されたようです。

最近はスマホで見ている情報も、動画や高画質で大きな画像となり、Twitterを眺めているだけでもそれなりにデータ通信量を消費していきます。

データ通信量を節約したいと考えている人は、ぜひ「データセーブ」機能を試してみてください。

スポンサードリンク

Twitterでデータ通信量を節約「データセーブ」機能

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

まず、メニューにある「設定とプライバシー」を開きます。

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

続いて「データ利用の設定」を開きます。

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

ここで「データセーブ」という機能がありますので、必要に応じてオン/オフします。

この機能をオンにすると、動画は自動再生されず、画像は低画質で読み込まれます。この端末のすべてのTwitterアカウントで、データ通信量を自動的に減らすことができます。

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

「データセーブ」をオンにすると、

・高画質画像
・高画質動画
・動画の自動再生

これらの機能が全てオフになります。

【Twitter】データ通信量を節約する方法「データセーブ」機能

これらの設定を個別に変更したい場合は「データセーブ」をオフにし、それぞれ「WiFi接続時のみ」などに変更すれば良いでしょう。

データ通信量が無制限のWiFi環境でなく、例えばテザリングしているような場合であれば「データセーブ」をオンにし、データ通信量の消費を少なくした方が良いのでしょうね。

【データ通信量節約】TwitterとFacebookで動画の自動再生を止める方法という記事も書いていますので参考にしてください。

スポンサードリンク

前へ

【マクドナルド】ド激辛「スパイシーチキンマックナゲット」再登場!ソースが激辛スパイシーソースにパワーアップ!【辛い】

次へ

通話・SMS・テザリング対応のSIMフリー極薄ガラケーに4Gモデル「NichePhone-S 4G」