2017 04 27 1510

Twitterが発表した2017年1〜3月期決算によると、売上高が前年同期比8%減の5億4,825万ドル(約610億円)で、2013年の上場以来、初の減収となったと伝えられています。米ツイッター、初の減収 「トランプ効果」限定的という記事です。

短文投稿サイトの米ツイッターが26日発表した2017年1~3月期決算は、売上高が前年同期比8%減の5億4825万ドル(約610億円)と、13年の上場以来、初の減収となった。フェイスブックなど競合相手の成長に押され、主力の広告収入が減少した。

競合の成長に押されつつあるとしながらも「月間利用者数は6%増の3億2800万人」ということで、再成長が期待され株価は上昇したということです。

トランプ大統領がツイートをし続けていますが、こちらは「売上高の押し上げ効果は限定的だったようだ」と。

純損益は6155万ドルの赤字(前年同期は7973万ドルの赤字)だった。

ここにきて「マストドン」という同系のサービスも登場してきました。必ずしもTwitterの存在を直接的に脅かすものではないと思いますが、ある領域を侵食していくのは間違いないのかな、と思います。

手軽にインスタンスを立ち上げることができる環境が整えば、マイクロなコミュニティにはTwitterよりも「マストドン」の方が向いているのでは、と、実際に自分でインスタンスを運営して感じています。