2016 01 25 1615

米ツイッター、主要幹部数名が退職へ=ニュースサイトという記事があったのですが、実際に4名の幹部の退社が、ジャック・ドーシーCEOのツイートが明らかになりました。

実際のツイートがこちらです。

画像付きのツイートとなっています(140文字では足りないアピールでしょうか、確かに一つのツイートにまとまってないと分かりにくいですが)。

TwitterのドーシーCEO、幹部4人の退社をツイートで発表 - ITmedia ニュースによると、退社したのはグローバルメディア担当副社長のケイティ・ジェイコブス・スタントン氏、製品担当上級副社長のケビン・ウェイル氏、エンジニアリング担当上級副社長のアレックス・ロエッター氏、人事担当副社長のブライアン・スキッパー氏となっています。

あくまでも解雇ではなく、本人たちの意志ということです。

CEOが変われば会社の方針も変わるでしょうから、それに対しての意思表明と考えることもできます。が、いずれにせよTwitterは変わらないとならないタイミングで、そのための産みの苦しみが続いているのだと思っています。

最近、サードパーティー製アプリから公式アプリをiPhoneで使うようになったら、また昔のような楽しさが戻ってきたのですね。FacebookよりもTwitterを見ている時間の方が長くなりました。そんなことでもユーザーの行動は変わりますので、Twitterはもう一度、大きな成長できるのでは、と期待しています。