2013 10 19 0842

Twitterが、ダイレクトメッセージ(DM)を送受信するためのアプリを準備中なのでは、という噂が出てきています。最近のDMの改良はこのため‥‥? Twitter、ダイレクトメッセージアプリを計画かという記事になっていました。

同社は現在、同社のダイレクトメッセージングプラットフォームをスタンドアロンのサービスにするべきか、それとも、同社の既存サービスにおいてより目立つように配置するべきかを検討しているという。All Things Digitalが米国時間10月17日、Twitterの計画に詳しいと主張する複数の情報筋の話として報じている。

ダイレクトメッセージ(DM)はFacebookもスタンドアロンのアプリをリリースしていますし、LINEも言うなればそうですし、Twitterとしては、同分野の人気アプリが「同社の地位を脅かす存在として見ている」のだそうです。

そういえば、そうしたアプリやサービスが登場する前は、気軽&手軽にメッセージのやり取りをするのはTwitterのダイレクトメッセージ(DM)でしたね。

Twitterはこれまで数カ月間にわたり、同社のダイレクトメッセージにひっそりと変更を加えてきた。

Twitter、フォローしていないフォロワーからのDM受信が可能にという記事も書いたのですが、こうしたダイレクトメッセージ(DM)改良の流れの一部であることは間違いありませんね。

ただし、誰とでもダイレクトメッセージのやり取りができるようになると、スパムの心配もあります。

それに関連しているような、していないような、TwitterのDMでURLを送れなくなった…今Twitterからの詳細情報を待ち中という記事もありました。「ダイレクトメッセージ中のURLに関して技術的な問題がある」ということですが、スパムが増えた時にフィッシング詐欺などは心配の一つです。

Twitterのダイレクトメッセージ(DM)だけを取りだしたプリがどのように使えるようになるのか、便利なのか、実際に試してみないと分かりませんが、少なくとも140文字制限があると、他のアプリ・サービスより競争力は落ちそうな気がします。