2012 05 30 1653

Twitter.comの読み込みが高速化 5分の1に短縮という記事がありました。読み込みが高速化するそうです。

米Twitterは5月29日(現地時間)、Twitter.comをアップデートし、読み込みにかかる時間を従来の5分の1に短縮したと発表した。今週中に新生Twitter.comに切り替わる見込み。

記事によると、

・パーマリンクに含まれているハッシュバング(#!)を排除

・サーバでページのコンテンツをレンダリングしてからJavaScriptをロード

・JavaScriptのロード時間も短縮するためコードを書き換え

といったことが行なわれたそうです。

確認したところ、ぼくのところでは「ハッシュバング(#!)」は既に表示されなくなっていました。

リンクする際は、いつも手作業で「ハッシュバング(#!)」を省いていたのですが、オフィシャルにもなくなるのですね(元々はありませんでした)。

■関連記事

Twitter、twitter.comに対する改良を明らかに--より高速で俊敏な動作を実現へ - CNET Japan

TwitterのエンジニアリングマネージャーであるDan Webb氏は同社のブログにおいて、「われわれは、twitter.comにおけるすべてのユーザーのエクスペリエンスを向上させるため、UIのレンダリング機能をサーバ側に移行することで、フロントエンド側のパフォーマンスを改善しようと取り組んできた。これにより、ページの初期ロード時間をこれまでの5分の1に短縮し、ブラウザの性能差から来るエクスペリエンスの違いを緩和できるようになった」と書いている。