2011 12 01 1044

2011年11月30日にツイッターとmixiの共同記者会見があると予告されていたのですが、mixiとTwitterが連携強化へ~広告、位置情報アプリ開発、友人申請機能などという記事になっておりました。

1)新サービス/ビジネスの共同開発、2)mixiの既存サービスにおける連携の強化――の2つを進めるという。「mixiとTwitter、双方の特徴を生かし、日本国内に根ざした情報/コミュニケーションインフラを目指す」としている。

広告商品の共同開発、友人と位置情報を共有するiPhoneアプリ「Pelo(ペロ)」、Twitterからの友人申請機能の実装などが挙げられています。

日本でもFacebookやGoogle+が伸びつつあり、先行していたけど落ち着きつつあるmixiとツイッターが手を組んだ、というところでしょうか。

正直なところ、あまり目新しいところがないかな‥‥と、残念ながらそういう印象を持ちました。文字通り「連携」に留まった印象です。ちょっとサプライズを期待しすぎましたかね。

mixiの笠原社長は「3.11以降、Twitter Japanの近藤代表と何度か話す機会があり、震災時に密に連携していれば、もっとよいサービスをユーザーに提供できたというところから始まった」とコメントしています。

ツイッター日本代表の近藤社長は「東日本大震災の際、Twitterは情報を拡散するインタレストグラフとして役に立った。しかし、身近な友人とのつながりであるソーシャルグラフはmixiが強く、ソーシャルグラフとインタレストグラフを組み合わせようというのがスタートラインだった」とコメントしています。

■関連記事

ミクシィとTwitterが提携 新サービス・広告商品を共同開発へ

同日始まった「mixiXmas 2011」で両サービスが連携する。今後、年末年始や母の日など、季節イベントで連携していく。