2011-05-25_1129.png

ツイッターの「おすすめユーザ」にIPアドレスが利用される?→ 同じネットワークにいる人が表示されるという記事を書いたのですが、どうやら一時的なテストだったようです。

Twitterの「IPアドレスからおすすめユーザー選択」 一時的なテストだったという記事になっておりました。

5月半ばごろ、Twitterの「おすすめユーザー」にクラスメイトや家族、同僚、自分の別アカウントが表示されたという報告が相次いだ。「TwitterはグローバルIPアドレスが同じ(会社や家庭などで同じネット回線を使っている)ユーザーをおすすめユーザーとして選んでいるのではないか」と指摘する声が上がり、家族や同僚にアカウントを知られたくないユーザーは不満を訴えていた。

家族や同僚のアカウント、自分のサブアカウントが表示されたとして話題になっておりましたね。匿名でツイッターに参加していた人は、さぞ驚いたのではないでしょうか。

実際に、近くにいる人からおすすめユーザが選択される、ということは行なわれていたようです。

これに関してツイッターの回答は「ユーザーの位置を利用しておすすめユーザーを選ぶテストを数日間行った」というものでした。

「テスト中、位置情報を基準にするのは一部の人にとってはあまりに強力すぎること、非公開アカウントの利用者をさらしてしまう可能性を生むことが分かった。このテストは終わった」とツイッター。

テストしなくても想像できそうな気もしますが‥‥。

できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100 [できる100ワザ ツイッター 改訂新版]

4844330063