ツイッターの「つぶやき」で株の値動きが分かる!的中率90%という記事より。

米マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」でユーザーたちが書き込む「つぶやき(ツイート)」を分析すると、数日後のダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average)の値動きを約90%の的中率で予測できるという研究結果が、このほど明らかになった。

ツイッターのツイートを分析したところ、約90%の的中率でダウ工業株30種平均の値動きを予測できることが明らかになったのだそうです。

分析の元となったデータ は、米インディアナ大学ブルーミントン校(Indiana University Bloomington)情報コンピューティング学部の研究チームが2008年に10か月かけて集めたユーザー270万人による延べ980万回のツイートだ。

どのように分析したかというと、ツイートから「集団的な世論の気分」を評価し、それをダウの終値と比較したところ、相関性があることが分かったのだそうです。

研究者は「ダウ工業株価の毎日の値動きの予測的中率は87.6%という高さだった」とコメントしています。

ツイートの分析には、気分追跡ツールの「OpinionFinder」とグーグル(Google)の「気分プロフィール検査」(POMS)を使用したという。

ツイートから分析できる世間の空気と、株価の値動きが連動しているのは、なんとなくそんな感じもあるだろうなぁ、とは思うのですが、それがはっきり研究で明らかになったというのは興味深いです。

■関連記事

Twitterで株式市場を予測:「86.7%の精度」

Bollen准教授は、このような一致がなぜ起こるかはわからないと述べている。別の研究者も指摘するように、Twitter世界にいる人々のうち株式に関連した人は一部にすぎないし、そもそも米国以外に住む人も多いからだ。人々の雰囲気が投資になんらかの影響を与えるのだろうが、詳しくはさらなる研究が必要だと同准教授は述べている。