リツイートの92%は元のツイートから1時間以内に--海外調査という記事より。

ソーシャルメディアの分析を行うSysomosが最近実施したTwitterに関する調査で、ツイートの寿命はごく短いことが分かった。

Sysomosが最近2ヶ月の12億ツイートを調査したところ、ツイートは非常に短命であることが明らかになったそうです。

・返信またはリツイートがあったのは29%
・リツイートの92%は元のメッセージが投稿されてから1時間以内

つまり、7割くらいは本当の独り言になっている、ということですね。明らかに疑問系でない限りは、確かにほとんど独り言状態ではありますが。

そして、リツイートされたものは1時間以内にほとんとがされている、と。リアルタイムメディアであることが、はっきりと数字にも出てきていますね。

この調査結果は、コミュニケーション戦略の一環としてTwitterを利用する企業が、長期的な成果を測るのが難しいこと、また、Twitterは、記事やブログなど寿命の長いコンテンツへのリンクが含まれるRSSの代わりにはならないことを示していると言える。

返信されない、リツイートがされないからといって、必ずしもRSSの代わりにならないとは言い切れないとは思いますが、大事なことは繰り返し言う、みたいなのは大切かもしれません。

それにしても偶然ですが、29%と92%で覚えやすい数字となっております。

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。

できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック (単行本)

4844328255

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) (新書)

4839933162