CNN記者、ツイッターでつぶやいて解雇という記事より。

8日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、インターネット上に短文を投稿する交流サイト「ツイッター」に、イスラム教指導者への敬意を示したのは不適切として米CNNは同社中東担当のベテラン女性記者を解雇した。

CNNで20年に渡って中東報道に携わってきたオクタビア・ナスル氏は、死去したレバノンのイスラム教シーア派最高権威のムハンマド・ファドララ師について、ツイッターで「尊敬」「悲しい」などとツイートしたそうです。

これを読んだ親イスラエルの人々から「CNNは偏向している」と批判が起こり、CNNは事情を聞いた上で「(記者として)判断を誤り、報道基準を踏み外した」として解雇したということです。

オクタビア・ナスル氏本人は「私の“つぶやき”に対し即座に反響があり、その量はものすごかった。賛否が分かれたり、機微に触れるテーマについてツイッターを使うべきでないという教訓だ」と自分のブログで書いているそうです。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) (新書)

4839933162