Twitter、公式アカウント「@earlybird」で特売情報を配信へという記事より。

「@earlybird」と適切に命名された新サービスは、Twitterの公式アカウントの1つだ。同社はこのアカウントで、オンラインとオフライン両方の小売業者による特売情報に加え、「『チラ見せ』やイベント」についても配信する計画だ。

ツイッターが「@earlybird」というアカウントを作成し、特売情報やイベント情報などを配信していくそうです。

最近ではフラッシュマーケティングなどといって、よりリアルタイム性のあるサービスに注目が集まっていますが、そこにトラフィックを集めている要因の一つがツイッターです。

なので、ツイッター自身がこうしたサービスを提供する、というのはもちろんあるという訳ですね。

一見地味な配信方法ではあるが、@earlybirdは、Twitterが収益化を計画している点で注目に値する。同社は、特売情報を提供する企業との提携を進めており、@earlybirdについて説明しているページのいささか漠然とした文章によると、提携各社はTwitterに対して、同アカウント上での情報掲載料を払うか、トラフィックや成約に応じて手数料を払うことになるという。

雑多な情報が流れてくると面倒という人も少なくないと思いますが、うまくいけば「書籍や音楽、映画、テレビ番組向けのアカウントを含む他の分野に広げていく可能性もある」と。

Twitterによると、@earlybirdは、世界展開している大手ブランドから手がけるが、サービスを拡大して、より小規模なローカル企業も扱う可能性があるという。おそらく、こうした企業はいずれ、Twitterのジオタギング機能を利用できるようになり、ユーザーは自分が求める地元向けの特売情報だけを登録できるようになると思われる。

むしろ、こうしたローカルな情報が流れてくるアカウント、というのが楽しみですね。

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。

■関連記事

Twitter、@EarlyBirdを発表。これはスポンサーによる特典の提供手段だ

Twitterは、選り抜きのスポンサーと提携したことを伝えているが、@earlybirdに@リプライを送って製品やイベントを推薦することも歓迎している。とはいえ、Twitterはこれを重要な収入源にすることを見込んでいるので、どんな種類の特典を目玉にするかについては特に厳選することを強調している。