2010-04-28_1050.png

6月30日にいきなりTWITTERアプリが使えなくなる!?TWITTERのベーシック認証廃止についてで詳しく解説されていますが、2010年6月30日をもってTwitter APIのベーシック認証が終了するそうです。

ベーシック認証が終了するとどういう影響があるかというと、それを利用しているサービスやアプリが利用できなくなります。

つまり、あなたが利用しているアプリやサービスが、7月1日からパッタリ使えなくなる可能性があるということです。

もちろん、oAuthなど別の認証方法に移行しているサービス/アプリであれば大丈夫です。

しかし皆様、YubitterなどのサービスはモバイルoAuthに対応するなど、既に次々とこの自体に対策を打ち始めています。movatwiさんも早々にoAuthに対応されています。iPhoneアプリでも、tweetieやtwittelator、echofonといったメジャーアプリは安心できるでしょう。

心の準備と、もし心配だったら開発者に問い合わせをしてみると良いかもしれません。

追記:

TwitterのBASIC認証廃止、企業ユーザーが知っておくべきこと

まとめると、Twitter APIのBASIC認証は6月30日で終了する。Twitterとしては、WebアプリケーションではOAuth認証を、OAuthの利用が困難な携帯電話を含むデスクトップアプリケーションではxAuth認証を利用してもらいたい意向だ。

Twitter APIの認証方法が6月末にOAuthへ移行、クライアント更新を

TweetDeckによると、TweetDeckデスクトップバージョン0.33(最新バージョン)は、すでにこの新認証方法を使用しているため、ユーザーはそのまま利用し続けることが可能だ。

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。