宇宙から「ハロー!」、システム更新で生の「つぶやき」が可能に 国際宇宙ステーションという記事より。

NASAによると、今週ソフトウエアが更新され、ISS滞在中の飛行士はNASAが「究極の無線接続」と自負する新通信システムを利用して、ウェブにアクセスできるようになった。

国際宇宙ステーションのシステムが更新され、生でツイッターのつぶやきが可能になったそうです。これまではメールを送り、サポートスタッフが代理でポストしていました。

今回のシステム更新により、飛行士らは私的な通信を直接できるようになり、長期ミッション中の生活の質が向上するとNASAは説明している。

国際宇宙ステーションからウェブを見たり、ツイッターにポストがこれまでできなかった、というのも不思議な気がしますが。

ツイッターで不特定多数とのやり取りが可能になると、何か良い効果がありそうな気がしますね。

■関連エントリー

NASAの宇宙飛行士、宇宙からTwitterで"つぶやく"ことに成功?
日本人宇宙飛行士の野口聡一・山崎直子、ツイッターを始める
野口聡一さん、宇宙からツイッターでつぶやき

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。

ツイッター 140文字が世界を変える (新書)

4839933162