2009年の流行語1位は「Twitter」――米Global Language Monitorという記事より。

2009年に最も流行した英語の単語は、「オバマ」でも「新型インフル」でもなく、「Twitter」だった――。

世界の言語の流行を独自のアルゴリズムで調査・分析しているアメリカの「Global Language Monitor」が発表したところによると、最も流行したのは「Twitter」だったそうです。

独自のアルゴリズムにより、メディア、ブログ、SNSなどの単語を追跡しているそうで、そういう意味では実際に使われていた流行語としての「Twitter」ということになりますね。

ちなみに、単語のベスト5は次のようになっています。

1位 Twitter
2位 Obama
3位 H1N1
4位 Stimulus
5位 Vampire

新型インフルエンザとオバマよりも上かぁ。すごいですね。

ツイッター 140文字が世界を変える (新書)

4839933162

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。

■関連エントリー

「Twitter」がSNSにもなっていることに気づいた
「Twitter」サイドバーにヤバい検索機能が追加
情報ソースとの距離感がやや変わってきた件
TwitterとTumblrのフォローが止まらないのですが、これがキャズムを超えるってことですか?
「Twitter」はブログでもありメッセンジャーでもありRSSリーダでもある?
「Twitter」つぶやきを"非公開"から"公開"にした件
そういえば「Twitter」を使いはじめてから2年経過