「Twitter」がウィルコムの公式コンテンツにという記事より。

ウィルコムは10月15日、ユーザーが最大140文字までのつぶやきを投稿できるサービス「Twitter(ツイッター)」を、公式コンテンツとして提供すると発表した。10月15日の16時以降に、公式サイトのメニューリストから、「メール/コミュニケーション」を選び、「コミュニケーション」を選ぶとアクセスできる。

ついに、ツイッターが携帯電話コンテンツとして公式に国内初採用です。ウィルコムの公式サイトメニューに、10月15日の16時以降に掲載されるということです。

11月12日に発売予定の新モデル「HONEY BEE 3」では、初期設定のメニューにTwitterのショートカットを用意しており、ワンタッチでアクセスできる。

ウィルコムとしても、ツイッターがキラーコンテンツになる、と見込んでの動きなのでしょうね。本日、携帯サイトがリリースされれば、携帯電話から登録して利用が可能になるツイッターです。

なお、これまでTwitterは、ウィルコムの「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の対象となっていたが、公式コンテンツ化にともない、すべてのユーザーがアクセスできるようになる。

なんと! 有害コンテンツ認定だったの!

今後はいろいろなユーザが増えて、ツイッターの雰囲気も変わっていくのでしょうかね。

ツイッター 140文字が世界を変える (新書)

4839933162

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「Twitter」カテゴリもどうぞ。

■関連エントリー

「Twitter」がSNSにもなっていることに気づいた
「Twitter」サイドバーにヤバい検索機能が追加
情報ソースとの距離感がやや変わってきた件
TwitterとTumblrのフォローが止まらないのですが、これがキャズムを超えるってことですか?
「Twitter」はブログでもありメッセンジャーでもありRSSリーダでもある?
「Twitter」つぶやきを"非公開"から"公開"にした件
そういえば「Twitter」を使いはじめてから2年経過