注目されるTwitter、記者が感じるその魅力とはという記事より。

Twitterの魅力はどんなところにあるのだろうか。6月10日に開催されたサッカー日本代表ワールドカップ予選の様子をTwitterで実況し、注目を集めた朝日新聞社の「マッキー」と、個人でもTwitterを使っているCNET Japanの永井美智子記者が語った。なお、モデレーターは、文部科学省文化審議会の委員会の様子をTwitterで中継するなどして1万人以上のフォロワー(読者)を持つITジャーナリストの津田大介氏が務めた。

津田さんがCNET Japanの永井美智子記者と、@asahiのファンタジスタ「マッキー」にツイッターについてインタビューをしています。

ちなみに、@asahiのファンタジスタっぷりについては、ネタフルで以下のようなエントリーを書いています。併せて読んで頂くと、当時の雰囲気も分かって頂けるのではないかと思います。

W杯最終予選、ファンタジスタは@asahi(ツイッター)
@asahiが「asaぽん」として擬人化される(ツイッター)

このインタビューによると「マッキー」は、

・朝日新聞社デジタルビジネスセンター所属
・新入社員で配属され2年目
・asahi.comに掲載する記事の取材や執筆など

といったプロフィールだということが分かりました。やはり、若手女子だったのですね。

ツイッターに投資しているデジタルガレージの人と、朝日新聞の人が仲が良かったことがアカウントが作成されたそうです。

「マッキー」がつぶやきをすることになった理由は次のように。

マッキー:私が部内で最も突出して若いから、というのが担当に選ばれた理由だそうです。私だけが20代で、あとは40歳前後が多いので。

日本代表の試合があり「何かその時間中に発言してみて」と言われたということですが、けっこうアバウトな感じだったのですね。

マッキー:楽しい気持ちが倍増しましたね。試合も楽しいし、ほかのユーザーの方がだんだん認めてくれるようになったので嬉しくて、相乗効果でテンションが上がっちゃってました。

中継が終わった後は「やっちゃった……」「どうしよう、会社でどう思われているんだろう」と思ったそうです。

会社ではどう思われていたのでしょうね。個人的にはそのあたり、ちょっと興味がありましたが。

ということで、興味深い内容となっておりますので、興味のある人はぜひ読んでみて下さい。永井記者ファンもぜひ!

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「ツイッター」カテゴリもどうぞ。

■関連エントリー

坂本龍一、Twitterを始める
すがやみつる、Twitterをはじめる
村井純、Twitterを始める
飯野賢治、Twitterを始める
ホリエモン、Twitterを始める
GMO熊谷社長、Twitterを始める
ドリコム内藤社長もTwitterを始めていた
サイバーエージェント藤田社長のTwitterアカウントはなりすまし→本当のアカウントを公開
マギボン、Twitterを始める
勝間和代、Twitterを始める
青森県、Twitterを始める
参議院議員・あさお慶一郎、Twitterを始める
「FM FUKUOKA」Twitterでオンエア曲をつぶやく
朝日新聞、Twitterに公式アカウントを開設
モバイルショップ「ビザビ」Twitterを始める
Google、Twitterアカウントを開設
Google AdSenseチームがTwitterアカウントを開設
Yahoo!ショッピング、Twitterアカウントを公式に開設