スポンサードリンク

ゲイカップルの日常マンガ「きのう何食べた?」 西島秀俊と内野聖陽で実写ドラマ化

スポンサードリンク

4063883663

弁護士と美容師のゲイカップルの日常を描くマンガ「きのう何食べた?」 が、西島秀俊と内野聖陽で実写ドラマ化されることが明らかになりました。週刊モーニングに連載されていますが、節約料理の描写が個人的には好きだったりします。

スポンサードリンク

大人気漫画『きのう何食べた?』実写ドラマ化! 西島秀俊と内野聖陽がカップルに!!という記事になっています。

物語は、近所づきあいやそれぞれの両親とのつきあいかたなど、ゲイ男性が抱える諸事情を描きながらも、食生活をメインに、ほのぼのとした日常が描かれる。キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月3万円也。」ということで、家計に優しい実用的なメニューと複数のおかずを同時進行で効率的に作れるレシピも好評だ。

作品の中では若く見える二人なのですが、年齢の設定では二人とも50代なんですよね。とはいえ連載開始時は40代だったので、その時のイメージが強いのかもしれませんが。

50代になった弁護士の筧史朗(かけいしろう)と美容師の矢吹賢二(やぶきけんじ)を演じるのは、47歳の西島秀俊と50歳の内野聖陽です。あ、イメージにピッタリかも。

2019年4月期の金曜深夜ドラマ「ドラマ24」で放送されるとのことです。

Kindleで1巻が無料配信中なので、ぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク

前へ

声優・辻村真人、死去 〜「忍たま乱太郎」学園長役、ヨーダ役など