スポンサードリンク

バラエティ番組の制作費はいくら?「池の水ぜんぶ抜く大作戦」1,000万円

スポンサードリンク

バラエティ番組の制作費はいくら?

バラエティ番組といってもトーク番組からガッツリ取材するものまで様々ですが、番組あたりの制作費はどのくらいなのでしょうか。視聴率が高ければ予算も多め? 番組制作費を大公開『世界の果てまでイッテQ!』は3000万円という記事になっていました。

「視聴率20%前後のドル箱。プライム枠(午後7時~11時)でも2000万円超は珍しい緊縮予算のご時世に、破格の3000万円。とはいえベッキー降板後は出演者にはお金をかけず、ガンバレルーヤなど、内村の最近のお気に入り芸人が登場」

スポンサードリンク

最も制作費が高いのは「世界の果てまでイッテQ!」で「破格の3,000万円」だそう。あれだけ海外取材などもしていますが、割と抑えられているいうか‥‥。

「散歩番組はスタジオセットが不要で、ロケは1日足らず。200万~300万円の低予算で制作できる」

散歩系はそういうメリットがあるのですね!

・ブラタモリ 200万円
・鶴瓶の家族の乾杯 200万円
・モヤモヤさまぁ~ず2 300万円
・出川哲朗の充電させてもらえませんか? 300万円

リサーチは必要だと思いますが、多くは出演者のギャラということになるのでしょうか。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の3,000万円や「めちゃめちゃイケてるッ!」の1,500万円は、番組が終了しましたが破格です。やはり視聴率が取れなくなると制作費の高い番組は厳しいですね。

出演者も多い「出没!アドマチック天国」300万円で、マンツーマンの「徹子の部屋」が400万円で‥‥と思ったのですが、これは1回あたりの費用なのかどうかは明記されていませんね。

池の水を抜くという大事業をしている「池の水ぜんぶ抜く大作戦」が1,000万円というのは、割とリーズナブルと感じてしまったのですが、みなさんはいかがですか?

ちなみに「鉄腕ダッシュ」は2,000万円です。

番組の制作費自体は安くとも、関連商品でビジネスするという方法もありますね。

スポンサードリンク

前へ

「青山ブックセンター六本木店」閉店し表参道の本店に統合へ

次へ

サガン鳥栖、元スペイン代表・フェルナンドトーレスを獲得か?