スポンサードリンク

民放キー局が運営する動画配信サイト「TVer」アプリが1,000万ダウンロード突破

スポンサードリンク

2018 01 24 0850

民放キー局が運営する動画配信サイト「TVer」のアプリが、1,000万ダウンロード突破したことが明らかになりました。(文化往来)TVer、1000万ダウンロード突破という記事になっていました。

在京民放キー局が運営する動画配信サイト「TVer(ティーバー)」のアプリダウンロード数が1000万を突破した。テレビで放送後のドラマやバラエティー番組を一定期間スマートフォン(スマホ)やパソコンなどで無料で視聴できるサービス。

スポンサードリンク

ぼくもテレビドラマの見逃し配信で何度かお世話になったことがあります。録画をし忘れた時には、ありがたい存在ですね。「TVer」にあるなら録画しなくていいやとか、そもそもテレビがないから「TVer」で視聴しているという人もいるのかも。

日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビが参加しているので、コンテンツのボリュームもあります。SNSで話題になっているから「TVer」で視聴してみて、面白かったからテレビでみるようになったという流れもあるのではないでしょうか。

1,000万ダウンロードは開始から2年で達成とのことです。

ネタフルでは民放テレビ番組の再放送アプリ「TVer(ティーバー)」に助けられた2015年末の話という記事を書いていました。

スポンサードリンク

前へ

Appleのスマートスピーカー「HomePod」2018年2月9日より発売開始

次へ

【ポケモンGO】「ホウエン地方」のポケモン23匹が新たに登場