B07315G6PB

更新されるとネットで話題にあがる「やれたかも委員会」が、ロバート秋山主演で2018年1月に実写ドラマ化されることになったそうです。放送されるのは「AbemaTV」ということで、これまたネット的。ロバート秋山、連ドラ単独初主演 漫画「やれたかも委員会」実写化 来年1月AbemaTVでという記事になっていました。

同作は漫画家・吉田貴司氏がデジタルコンテンツ「cakes」などにアップし、今年7月に書籍化された漫画「やれたかも委員会」を実写化。

「やれたかも委員会」の実写化、さらに「AbemaTV」ということで新しい取り組みでもあるのですが、何よりロバート秋山が主演というのが興味をそそります。ロバート秋山は「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明役を演じます。

今回演じる能島は特徴的なヒゲと口のない独特な顔立ちをしている。秋山はクリエイターの表情となり、「どこが鼻、口か分からない顔。町にいたり、その辺にいたりするのは好きだけど架空の人物は…」と苦悩をにじませた

この写真が掲載されているのですが、これがまた似てる!

「やれたかも委員会~AbemaTVオリジナルドラマ~」は2018年1月スタートとのことです。