B01MUHXY1Z

田中邦衛主演で1981年から放送されたテレビドラマ「北の国から」は、スペシャルドラマの「初恋」あたりから見始めた記憶があります。横山めぐみと吉岡秀隆と尾崎豊のアイラブユーが印象的だったアレですね。「2002遺言」でドラマは終了し、地井武男が亡くなり、田中邦衛も老人ホームでリハビリ生活を送っているということです。古き良き時代のテレビドラマだったなぁ、と思いますね。

さて、吉岡秀隆の妹役だった中嶋朋子が、テレビで自身が蛍役に選ばれた理由を語ったということで、中嶋朋子が「北の国から」蛍役つかんだ意外な決定打という記事になっていました。35年前の真実がいま語られる!?

蛍役のオーディションにまつわるエピソードを披露した。そのオーディションは通常のものとは異なり、子どもたちを自由に遊ばせてその動きを審査員が見るというものだったという。

既に子役として活動していた中嶋朋子は1人でスタジオで遊んでおり「楽しそうに1人で遊べるっていうのが引っかかった」というのが理由のその一つ。

そして、決定打は「一列に女の子がずらっと並んで、ちょっとおでこを見せてくださいって言われて、みんなでおでこをあげたのは覚えてます」ということで「おでこの広さ」が、選ばれた理由だったと明かしています。

確かに中嶋朋子のおでこは印象的ですが、まさか選ばれる時点からその広さが重視されていたとは! 倉本聰が脚本を書くときのイメージから「蛍はおでこが広い」とか、そういうのがあったのでしょうかね。