B00GAGWVJ6B00R1BRUHC

「金曜ロードショー」があったから「水曜どうでしょう」だったのね。ということに最近、気づきました。さて、藤村忠寿ディレクターが「水曜どうでしょう」の新作について語っている記事があったのですが、その中で大泉洋を抜擢した理由を語っていました。北海道発長寿番組「水曜どうでしょう」に最新作構想という記事です。

新作間近!? 「水どう」で鈴井、大泉に「藤村君」と呼ばれる藤村ディレクターが、新作の構想を明かした。「前回アフリカ編から2年がたったので、そろそろかな、と」

今では人気俳優となった大泉洋の出演に関しては「俺たちがどうしてもやりたい時に大泉君に東京の仕事があったら、東京の仕事をどけるだけ」などと語っているのですが、興味深かったのは大泉洋を起用した理由です。

「プロの(芸人の)笑いに勝つためには、ハプニングが一番。(出演者は)素人でも誰でもいいだろう」という理由で、当時は学生で別番組に出演していた大泉洋が抜擢されたのだそうです。そんな理由だったのか!

でも、その目は確かだったわけですよね。ただの素人ではなかった、と。今では全国区の人気俳優と番組になった訳ですから。

まだDVD化されていない旅が6作品ほどあり、累計出荷数500万本突破も現実味を帯びてきた。自社制作番組のDVD化は通常、定価の半分近くがテレビ局に入るとされており、500万本となれば「4298円÷2×500万本」で100億円突破となる。

こりゃあ、新作を撮るしかないと思いますよね。