2014 11 12 1321

「64(ロクヨン)」と言っても、任天堂や体重の話ではありません。ピエール瀧が主演する、NHKの土曜ドラマです。舞台は地方県警、昭和64年と平成14年にまたがる誘拐事件の話とのことです。ピエール瀧さん主演、土曜ドラマ「64(ロクヨン)」制作開始!という記事になっていました。

わずか7日間しかない昭和64年に起きた、D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員など64関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。 そして、長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、64をそっくり模倣したものだった・・・。

ピエール瀧は、ドラマ初主演だということですが、これでさらに俳優の仕事が増えていくでしょうか。ぼく自身、ピエール瀧に似ていると言われることもあるので、彼の動向は気になる訳です。

「大きなモノに翻弄される三上&ピエール瀧を楽しんでいただけたら幸いです。がんばります」とピエール瀧はコメントしています。

プロデューサーは、ピエール瀧起用の理由を次のように語っています。

キャスティングでは、「昭和な顔」にこだわりたいと、私たちスタッフは考えました。すると、一番に思い浮かんだのがピエールさんでした。

しょ、昭和‥‥な‥‥顔‥‥。

2015年4月より、毎週土曜日、連続5回で放送とのことです。

「64」という原作があるのですね。

64(ロクヨン)[Kindle版]

横山 秀夫 文藝春秋 2012-11-22
売り上げランキング : 1032
by ヨメレバ

昭和64年かぁ。ありましたなぁ。

演出は「あまちゃん」も担当した井上剛です。