2011-06-28_2216.png

日本テレビの西尾由佳理アナウンサーが、8月一杯で退社することが発表されました。「24時間テレビ 愛は地球を救う」が、最後の仕事となるそうです。

西尾アナ、8月日テレ退社…24時間テレビ後フリーに転向へという記事になっています。

2001年入社の西尾アナは、05年4月から今年3月まで「ズームイン!SUPER」の司会を務めるなど、看板アナとして活躍。昨年9月には3歳年上のCMプランナーと結婚した。

ちょうど入社から10年なのですね。

と思ったら「入社してから丸10年という区切りを迎えたのを機に、今、新たな一歩を踏み出してみたいという気持ちでおります」ということで、やはり一つの区切りになっているようです。

退社後は、フリーアナウンサーとして活動予定とのことですが、レギュラー番組「世界まる見え!テレビ特捜部」は引き続き出演するとのこと。

退社の背景には「賃金改定で給与が大幅減になったことがある」とも言われているそうです。やっぱり、フリーアナウンサーになった方が儲かるでしょうしねぇ。

■関連記事

日テレ異常事態…年俸激減で? 西尾アナ8月退社

同局ではここ1年で夏目三久(26)、羽鳥慎一(40)、山本舞衣子(33)各アナらが次々と退社する異常事態だ。背景には給与体系の見直しによる年俸の激減があるとみられる。

西尾アナ、8月末で日テレ退社へ

同局によると、退社後も「世界まる見え!テレビ特捜部」の司会を引き続き務める予定だが、所属先など詳細は未定。