TBSが初の赤字…視聴率低迷で赤字埋めきれずという記事より。

TBSホールディングスが4日発表した平成21年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比1・5%減の1757億円、最終損益は9000万円の赤字(前年同期は46億円の黒字)だった。

TBSが、ついに赤字転落です。「本業の放送事業は広告収入の激減」ということですが、視聴率も在京キー局で6社中5位に低迷しています。

ネタフルでは次のようなエントリーを書いていました。

TBS、赤字転落へ
放送業界、初の赤字転落に

米アカデミー賞受賞作の邦画「おくりびと」のロングラン上映があった映像・文化事業や「赤坂サカス」などの不動産事業は予想より堅調に推移したが、赤字を埋めきれなかった。

それほどまでに、テレビが厳しかったというこなのでしょうね。

22年3月期の通期予想は、最終損益が29億円の赤字(前期は16億円の黒字)が見込まれています。テレビ業界の再編というのもあり得るのでしょうかね。

■関連エントリー

TBS、持ち株会社化へ
TBS持ち株会社は「東京放送ホールディングス」に
TBS「プラザ(旧ソニープラザ)」買収
TBSがイー・モバイルに100億円出資
TBS・井上社長に不倫疑惑?
TBS・井上社長、不倫疑惑について深く語らず