放送業界、初の赤字転落=09年3月期-総務省調べという記事より。

総務省が9日発表した国内放送事業者の2009年3月期収支状況によると、地上波テレビ・ラジオ局計195社全体の純損益は212億1900万円の赤字だった。

放送業界の苦境が、数字からも明らかに。

ということで、資料で確認できる1976年3月期以来初めて、国内放送事業者の収支が赤字に転落したということです。

TBS、赤字転落へということで、いろいろ対策していたはずのTBSも赤字転落していますから、業界的に厳しい状況にあるのかもしれません。

195社中、純損益が赤字だったのは半数以上の107社で、前年度の64社から大幅に増えた。

「前年度は620億4200万円の黒字」だったということですが、景気が回復すれば改善する、という問題でもないような気がしますね。