「瞳」の視聴率15・2%、ワースト更新という記事より。

27日に放送が終了したNHK総合の連続テレビ小説「瞳」は、全回を通じた平均視聴率(関東地区)が15・2%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。同枠としては、統計のある1964年以降で最低。関西地区も14・8%で歴代最低だった。

栄倉奈々が主演していた、NHK連続テレビ小説「瞳」が最終回を迎えたのですが、平均視聴率が過去最低という不名誉な記録を樹立してしまったそうです。

関東では前作の「ちりとてちん」がこれまでの最低だったのですが、それを更新してしまいました。

2回連続で視聴率が落ちてしまうというのは、何か原因があるのでしょうか。それとも、ただ単に面白くなかっただけ?

今週から「だんだん」が始まったのですが、ヒロインはマナカナ(三倉茉奈・佳奈)です。

2008-09-30_1134.png

やっぱり「ふたりっ子」のイメージがかなり強いと思うんですね。だから、娘や孫の成長を見るようなつもりで見る人も多いんではないかと。どんな視聴率になるのか楽しみです。

瞳 完全版 DVD-BOX I

瞳 完全版 DVD-BOX I

■関連記事

連続テレビ小説「瞳」、視聴率は歴代最低

関東地区でのこれまでの最低は、前作の「ちりとてちん」の15・9%。「瞳」の最終回は関東地区が17・5%、関西地区が16・0%だった。