Kininaruki tsukiji 7244

きになるき・大将の正田さんの案内で築地でぶらり買い食いした〆は、カウンターで寿司でした。築地にある「つきじ寿司」です。なんでも正田さんが足繁く通っている店だそうで、行列店のできる一角とは少し離れたところにあります(むしろ昔はこのあたりに寿司屋が多かったとか?)。

年季の入った暖簾をくぐると、カウンターが広がります。先客は一人。5人で横に広がりながら着席しました。

「つきじ寿司(築地)」の外観

Kininaruki tsukiji 7246

「つきじ寿司」の歴史は30年以上あるようで、表の看板もエイジングが進んでいます。ちなみに店内は清潔感があって居心地が良かったです。

Kininaruki tsukiji 7245

ランチメニューは14時まで。入店したのは10時くらいだったと思いますが、既にランチタイムの始まりです。

おまかせメニューは、

・店長おまかせ 3,100円
・松にぎり 2,700円
・竹にぎり 2,200円

です。

ランチメニューは

・にぎり 1,100円
・にぎり(大盛) 1,600円
・ちらし 1,000円
・鉄火丼 1,100円

いずれも味噌汁付きとなっています。

正田さんはいつもにぎり(大盛)とのことなので、みんなでそれを注文しました。

本当は生ビールの一つも呑みたいところでしたが、午後の仕事もあったのでみんなでガマンです。

「つきじ寿司(築地)」でにぎり(大盛)1,600円を食す

Kininaruki tsukiji 7247

カウンターで寿司というと緊張してしまいがちなのですが、こちらは大将が気さくに話しかけてくれるので、ワイワイとトークしながら楽しく食べることができました。

Kininaruki tsukiji 7248

最初の6貫。

Kininaruki tsukiji 7249

続いて3貫(左)。

Kininaruki tsukiji 7250

さらに1貫。

Kininaruki tsukiji 7251

またまた1貫。

Kininaruki tsukiji 7252

最後に1貫。

Kininaruki tsukiji 7253

と思いきや、巻物が4巻。

ということで、12貫+巻物4巻という、吉澤商店のメンチカツと築地鳥藤のレバ串を食べた後にはなかなかボリュームでした。築地市場場外などで食べ歩きをした後は、1,000円のにぎりで調度よいかもです。

築地市場場外で寿司でも食べるかとなると、行列しているし、3,000円とか4,000円とかいい値段しますので、いろいろ食べ歩きした後に寿司で〆たい、なんていう時は「つきじ寿司」はオススメだと思いました。ここならぼくも一人でのれんをくぐれそうです。

ごちそうさま!!!!

他にもこんなグルメがあります。

【築地で朝ごはん】「江戸川食堂」トロトロしたマグロぶつとキラキラ光るイワシ煮にはどんぶり飯だろうな

【築地で朝ごはん】「鳥めし 鳥藤 場内店」鳥肉卸専門店のシンガポールチキンライス(カオマンガイ)

「つきじ寿司(築地)」のアクセス

住所:東京都中央区築地6丁目25番9号

>>つきじ寿司 | 築地場外市場 - 公式ホームページ