スポンサードリンク

大阪城のたこ焼き店が3億3,000万円の所得を隠し1億3,000万円を脱税か

スポンサードリンク

たこ焼き店て、そんなに儲かりますの!?

大阪城の天守閣のそばにあるたこ焼きなどを販売する売店が、3億3,000万円の所得を隠し1億3,000万円を脱税したとして大阪国税局から告発されたそうです。たこ焼き売店 1億3000万円余を脱税か 国税局が告発という記事になっています。

大阪城の天守閣そばにある売店の72歳の店主が、たこ焼きなどの売り上げで得た所得を申告せず1億3000万円余りを脱税したとして、大阪国税局から告発されました。

スポンサードリンク

たこ焼きは1皿8個で600円。粉物は利益率が高いと聞きますが、それにしても3億3,000万円の所得隠し、て。

「おととしまでの3年間に5億円以上の売り上げがありましたが、税務申告を一切していなかった」ということで、これは「家族で細々と営んでいて申告の必要がないと思っていた」ということなのですが、そんなことありますかねぇ。

計算すると1日に500皿以上のたこ焼きが売れていたことになるようですが、それは「外国人観光客の増加で、たこ焼きなどが爆発的に売れるよう」になっているのが理由だそう。

インバウンドの観光客が多いところはたこ焼きを出せば当たる!?

去年、大阪城に行きましたが、確かに売店のあるあたりも日本人、外国人ととにかく人が多かった記憶があります。

日本人感覚からするとたこ焼き600円は観光地価格で高く感じますが、まさに観光地としてやってきている外国人にはそうは感じないのでしょうね。

有名観光地に店を構えるのって、凄いんですね。

スポンサードリンク

前へ

【LINE】「お〜いお茶 新緑」必ず50ポイント貰えるキャンペーン

次へ

キリンが投入した「本麒麟」は美味い?まずい?美味しいと聞いたので呑んでみた【感想】