B00005HMO4

2004年、人気バンド「ヒステリックブルー」のナオキこと赤松直樹が強姦や強制わいせつで逮捕され、世間に衝撃を与えました。2006年に懲役12年が確定、現在服役中なのですが、間もなく出所するそうです。出所を前にした獄中手記の一部が、元ヒステリックブルーのナオキが出所を前に獄中12年の心情と事件の真相を手記に綴った(篠田博之)に掲載されていました。

今回、彼の事件やその更生のあり方について誌上で問題提起をしようと考えたのは、薬物犯罪とともに性犯罪についても、これまでのような対処のしかたを改めるべきではないかという動きが法務省などを中心に起きつつあるからだ。前述した奈良女児殺害事件をきっかけに本格的な治療プログラムが刑務所などに導入されつつある。実際、ナオキも刑務所でそれを受けていた。

当時、ネタフルでも次のような記事を書いていました。

元ヒステリック・ブルーのナオキに懲役14年

元ヒステリックブルー、赤松被告に懲役12年確定

ナオキこと赤松直樹受刑者は現在、37歳。2006年に懲役12年ということは2018年まで刑期はありますが「未決勾留日数が刑期に加えられるため、実はナオキはまもなく出所する」そうです。

赤松直樹受刑者は山形刑務所におり「罪と償いについて考える」という獄中手記が「創 8月号」に掲載予定で、その一部がネットで読めるようになっています。

刑が確定した時は27歳、それから10年が経過し37歳になった赤松直樹受刑者。一審では夫を支えると証言した妻とも離婚しているそうです。この10年、何を考えてきたのか。罪についてどう考えているのか。刑務所ではどのように過ごしているのか。なぜ事件を起こしたのか‥‥。

「償える」と思うことが被害者の苦しみを過小評価した加害者側の傲慢さの表れではないのか。そもそも、加害者(しかも性犯罪)が被害者に対し償うこと自体可能なのか。答えは否である。たとえ死んでお詫びしたところで被害者の傷が癒えるわけでもない。

「懲役刑に服するということはあくまで社会治安を乱したことに対する国家への償いでしかなく」という言葉が心に残りました。

赤松直樹受刑者は「R3」と呼ばれる更生プログラムを受講したこと、キリスト教に入信したことで罪と向き合えるようになったとしています。興味のある方はコチラからどうぞ。