2015 04 30 1419

J3の町田ゼルビアやJ2の水戸ホーリーホックに所属していた元Jリーガー神村奨容疑者が、住居侵入と強姦致傷の疑いで逮捕されました。2013年に現役引退していました。元Jリーグ選手を逮捕=女性暴行の疑い―神奈川県警という記事になっていました。

女性の住むマンションに侵入し乱暴したとして、神奈川県警捜査1課と相模原南署などは30日、住居侵入と強姦(ごうかん)致傷の疑いで、サッカーJリーグ3部(J3)町田ゼルビアの元選手で医療法人職員、神村奨容疑者(26)=埼玉県蕨市中央=を逮捕した。

神村奨容疑者は容疑を認めているということです。神奈川県警では「2009年以降、類似の被害を約10件把握」ということで、関連を調べているということですが、神村奨容疑者が近いということです。

神村 奨 | FC町田ゼルビア オフィシャルサイトによると神奈川県相模原市の出身で、町田JFC→三菱養和SC巣鴨ジュニアユース→三菱養和SCユース→専修大学からプロサッカー選手になりました。町田のクラブから出た選手なのですね。

町田ゼルビアでプレイした期間は短かったですが、そこで引退できたことは本人にとっても埃だったのではないでしょうか。「加入して、すぐに自分のチャントを作って頂き、歌って頂いた喜びは一生忘れません」と引退にあたりコメントしています。

しかし、2009年以降の同様の事件の犯人が神村奨容疑者だったとすると、プロサッカー選手として活動しながら、犯罪を行っていたということにもなります。応援してくれた人たちの気持ちを考えたことはないのでしょうか。

Jリーガーの住居侵入、逮捕というと、サッカー日本代表にも招集された茂原岳人を思い出します。下着泥棒の元Jリーガー、有罪確定へという記事などを書いていました。