2015 04 24 1124

映画「下妻物語」の原作者として知られる作家の嶽本野ばら容疑者が、麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕されました。2007年にも同様の容疑で逮捕されたことがあります。「下妻物語」原作者を逮捕 危険ドラッグ所持の疑いという記事になっていました。

危険ドラッグを所持していたとして、警視庁が23日、映画「下妻物語」の原作者として知られる作家の嶽本(たけもと)野ばら容疑者(47)=本名・嶽本稔明=を麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材でわかった。

2015年3月に、路上で警察官から職務質問を受けた際に、麻薬成分を含む危険ドラッグを所持していた疑いがあるということです。

「下妻物語」嶽本野ばら氏を逮捕 麻薬成分を含む植物片を所持によると、

麻薬成分「5F―QUPIC」を含む植物片約2グラム

を所持していた疑いということです。

実は嶽本野ばら容疑者は、2007年にも大麻所持で逮捕されたことがあります。嶽本野ばら、大麻所持で現行犯逮捕という記事を書いていました。当時は「海外で大麻を覚えた。自分で吸うために持っていた」と供述していました。

今回は「麻薬とは知らなかった」と否認しているということですが、薬物を止められなかったのかな、と思ってしまいますね。薬物は本当に再犯が多いです。