「鬼畜のススメ」作家・村崎百郎さん刺殺 読者の男逮捕という記事より。

23日午後5時50分ごろ、東京都練馬区羽沢の作家、村崎百郎さん(48)=本名・黒田一郎=方から、男の声で「人を刺した。捕まえてください」と110番があった。警視庁練馬署員が駆け付けると、村崎さんが腹部などを刺されて倒れており、搬送先の病院で死亡を確認。殺人容疑で室内にいた横浜市の無職の男(32)を現行犯逮捕した。

「鬼畜のススメ」「電波系」「社会派くんがゆく!」などで知られる作家の村崎百郎氏が、読者の男に刺殺されるという事件が起きました。

男は「彼の書いた本にダマされたことが分かり、恨みに思っていた。殺すつもりで刺した」と供述しているということです。

この事件で怖いと思うのは、男が村崎百郎氏の自宅住所をネットで検索していた、ということですね。「住所は(インターネット掲示板の)2ちゃんねるで調べた」と話しているそうです。

「村崎さんと同居する女性は漫画家で、事務所の所在地として自宅を公表していた」と伝えられています。

日本保健医療大教授(犯罪心理学)の作田明氏は「住所などがネットに広がれば消えることはなく、規制を尽くしても情報検索はできる。不確定な情報に影響を受けて犯行に及ぶ可能性もある」と指摘する。

公開情報であれば、どんどんコピーされていきます。それは住所だけではなく、もちろんツイッターなどのツイートもそうなんですけどね。

社会派くんがゆく! 死闘編

4757210183

社会派くんがゆく 復活編

4757214243

■関連記事

作家村崎百郎さんを刺殺、容疑者「本読んで恨み」供述

同署によると、署員が到着した際、村崎さんは居間のソファにもたれ、そばに男が立っていた。村崎さんは腹を中心に二十数カ所を刺されていた。男は凶器の包丁を「殺すために最近購入した」と話し、村崎さんの自宅住所は「インターネットの掲示板を見て、知った」と説明しているという。

作家村崎百郎さん刺され死亡=男逮捕、「実践本にだまされた」-警視庁

同署は男が黒田さんの著作に影響を受け、逆恨みしたとみて調べている。

作家の村崎百郎さん、刺殺される

黒田さんは、漫画家の森園みるく=本名・黒田比呂子=さん(52)と同居していたが、事件当時は1人だった。