34億円分の馬券購入!「幻冬舎」元局長、横領容疑で逮捕という記事より。

出版社「幻冬舎」(東京)の口座から約1500万円を不正に引き出し着服したとして、警視庁捜査2課は18日、業務上横領容疑で同社元管理局長竹本和博容疑者(44)を逮捕した。

出版社「幻冬舎」の元局長が、会社のお金を着服していたとして逮捕されています。ほとんどを競馬に使っていたそうで、どんだけ競馬好きなのかと。

同課によると、竹本容疑者はこの期間、馬券の購入代金として、個人口座から中央競馬会(JRA)や地方競馬の団体に計約34億7000万円を振り込んでいた。

「多額の払い戻しもあった」ということで、それが忘れられなかったし、なんとか取り戻そうとしてドツボにハマっていったのでしょうね。

会計システムを操作して、架空の売掛金を計上するなどして発覚を防いでいたが、今年3月、税務調査が入ることを知り、不正を認め懲戒解雇された。

それにしても、こんな不正があったにも関わらず「幻冬舎」の経営には影響がなかったのですかね。すごいですね。

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書) (新書)

4344980093

■関連記事

幻冬舎元局長が横領容疑…34億円分の馬券購入

口座には着服した金や馬券の払戻金が入金され、残高が少なくなるたびに横領を繰り返していたとみられる。