唐渡亮が交番に“ライダーキック”で御用という記事より。

映画「仮面ライダーアギトPROJECT G4」(2001年公開、東映)で仮面ライダーG4を演じた俳優の唐渡亮(44=本名・唐渡信忠)が今月23日、大津市内の交番のドアガラスをけって割ったとして、器物損壊容疑で大津署に逮捕されていたことが29日、分かった。

仮面ライダーG4を演じたこともある俳優の唐渡亮が、酒によって交番のドアガラスにライダーキックをして蹴破ったとして、逮捕されていたことが明らかになりました。

逮捕容疑は23日午前2時ごろ、大津市大萱の瀬田駅前交番のドアガラス(縦170センチ、横70センチ)を割った疑い。

駐在員は仮眠中で、立ち寄った他の警察官が被害に気づき、目撃者の話から唐渡亮の逮捕に至りました。

「交番に自宅の鍵の紛失届を出しに行ったところ、酔っていたため、ふらついて足が当たってしまったと聞いている。本人には禁酒令を出した」と所属事務所。さすがキックボクシングのプロライセンスを持っているだけありますね。

今回の事件では、これまで40歳としていた年齢が実は44歳であることも明らかになってしまいました。

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [Blu-ray]

B001O4GKIW

■関連記事

「仮面ライダー」唐渡亮逮捕

同署によると逮捕容疑は23日午前2時ごろ、大津市大萱の瀬田駅前交番のドアガラスを割った疑い。唐渡は容疑を認めているが当時酒に酔っており、24日に釈放された。

唐渡亮、ブログで謝罪「反省しております」

「お酒を飲んでいたとはいえ、私がやってしまった事に対し、深く反省しております」。滋賀県大津市内の交番のガラスを割り、大津署に器物損壊容疑で逮捕された「仮面ライダーG4」役で知られる俳優、唐渡亮(44)が29日、自身のブログで謝罪した。