死亡女性は銀座ホステス…押尾容疑者逮捕という記事より。

捜査関係者によると、死亡した女性は、ウイスキーなどボトルキープは1本約6万円からという東京・銀座8丁目の高級クラブで働いていた人気ホステスとみられる。店長は死亡した女性について「知りません」と説明。容疑者の来店についても同様に返答した。

押尾学容疑者と一緒にいて死亡した30代女性は、銀座の高級クラブで働いていた人気ホステスと見られているようです。

しかし、店長は女性についても、さらには押尾学容疑者についても「知りません」と答えたとか。

銀座のクラブや捜査関係者の話を総合すると、女性は岐阜県出身のスレンダー美人。かつて東京・歌舞伎町でキャバクラ嬢として人気となり、六本木から銀座へと職場を変えた。

歌舞伎町、六本木、銀座と職場を変えるという、キャバクラ嬢のエリートコースを歩んだ女性のようです。

女性の「背中に和彫りの入れ墨とみられるものがあった」という捜査関係者の証言も。

また押尾学容疑者はが「2日に死亡した女性と一緒に錠剤を飲んだ」とも供述を始めています。

また、飲んだ錠剤に過信手は「知人からもらった固形物を飲んだ。違法なものとは思わなかった」と容疑を否認しています。

死亡推定時刻から通報までの10時間の、押尾学容疑者の行動も明らかになってきています。

10時間前となる2日の午前中には、頻繁に出入りしていた“現場”の六本木ヒルズの部屋にいたとみられるが、正午ごろから外出。近くのそば店で友人らと昼食を取った。午後2時前に1人になり、ここから約5時間は部屋に戻ったのか不明。午後7時半ごろに友人らに「大変なことが起きた」と連絡を入れ、同9時19分、友人が119番通報をした。

結果的に現場からは姿を消していた訳ですが、それまでの間には「自殺する」と叫ぶなど、かなり動揺していたようです。

押尾学容疑者、防犯カメラに変死女性と一緒の姿によれば、

2日午後、女性が「調子が悪い」と寝室に行き、その後、女性の体が硬直したため、押尾容疑者は自らのマネジャーを呼び、部屋を立ち去ったとみられる。

と伝えられています。

なお、舞台となった六本木ヒルズの部屋は「芸能界からIT関係まで幅広い人脈を持つ下着通販会社社長」のものだと伝えられています。

この会社はサンケイスポーツの取材に、「会社ではなく個人名義で数年前から借りていたのでは。社長は押尾さんとも親交があったと聞いている」と容疑者との交友関係を認めている。

ピーチジョンの野口社長ですね。1カ月の賃料は1LDKで約40万円とのこと。

なお、家宅捜索が行なわれ「立ち会ったのは妻で女優の矢田亜希子(30)。1歳の男児を抱えながら気丈に捜査員に対応した」そうです。

■関連記事

押尾容疑者「死んだ女性と錠剤飲んだ」と供述

押尾容疑者は逮捕前に見られた手の震えもなくなり、落ち着いた様子で調べに応じているが、使用した合成麻薬MDMAについては「違法なものとは思わなかった」と違法性の認識について否認を続けている。

矢田亜希子離婚決意 愛の巣も家宅捜索

警視庁内で妻への参考人聴取が検討される中、別居半年後に迎えた夫の裏切りに、矢田は離婚への決意を固めたもようだ。関係者によると、そもそも別居の背景には女性問題があった。

押尾認めた!「死亡女性と錠剤飲んだ」

合成麻薬MDMAを使用したとして、麻薬取締法違反容疑で俳優押尾学容疑者(31)が逮捕された事件で、押尾容疑者が「2日に死亡した女性と一緒に錠剤を飲んだ」と供述していることが5日、警視庁への取材で分かった。

離婚?それとも…矢田亜希子事務所「状況によっては…」

川崎市にある押尾容疑者と矢田の自宅の家宅捜索は1時間ほどで終了。麻布署では参考人として矢田の事情聴取も検討している。

矢田亜希子も参考人聴取へ、自宅など家宅捜索

ショックを受けた矢田は外に出られる状態ではないとし、「後日、何らかの形で矢田のコメントを発表させて頂きます。事務所としましては、事実確認をもって矢田と一緒に今後の方向を考えていく所存であります。尚、今後の本人への直撃取材をお控え頂きます様、何卒宜しくお願い申し上げます」と、事態収拾への協力を要請した。

矢田亜希子の参考人聴取も検討…押尾容疑者の自宅など捜索

押尾容疑者は尿検査でMDMAの陽性反応が出たが、所持品から薬物は見つからなかった。麻布署は使用した合成麻薬以外に薬物を所持していないか調べるとともに、入手経路の特定を急いでいる。

押尾容疑者を送検「死亡した女性と一緒に錠剤飲んだ」

女性は司法解剖の結果、目立った外傷はなく、明確な死因は分からなかった。麻布署は病理検査を進め、薬物と死亡の因果関係を調べている。

矢田亜希子、押尾学容疑者の逮捕前に離婚届を用意

事務所は「事実確認をもって矢田と一緒に今後の方向を考えていく所存であります」としているが、すでに離婚は決定的。矢田は別居していたとはいえ、妻としての責任を強く感じているそうで、押尾容疑者の裁判の行方を見守る構え。裁判の見通しがつき、判決が出る頃に離婚届を提出する見込みだ。

エイベックスの松浦勝人社長「大変遺憾」

この日、押尾容疑者の元所属事務所、エイベックスの松浦勝人社長(44)が公式ブログでコメントを発表した。「押尾学についての会社からのリリース」とのタイトルで「報道等ですでにご存じだとは思いますが、捜査中のためこれしか言いようがありません。大変遺憾に思っております」と綴っている。

押尾容疑者逮捕、映画界にも衝撃…出演作3本

押尾容疑者は、これから公開を控えている3本の映画に出演している。このうち、今年5月のカンヌ国際映画祭に出品されたスペイン映画「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」(イサベル・コイシェ監督)は公開日未定だが、「誘拐ラプソディー」(榊英雄監督)は今年12月、「だから俺達は、朝を待っていた」(内田英治監督)は来年2月の公開を予定している。