DSソフト違法配信に実刑判決という記事より。

任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」のソフトを違法に複製、配信したなどとして、著作権法違反などの罪に問われた会社員朝霧由章被告(38)=大阪府寝屋川市=に京都地裁(栩木純一裁判官)は3日、懲役2年6月、罰金200万円、追徴金約710万円(求刑懲役4年6月、罰金200万円、追徴金約710万円)の判決を言い渡した。

ニンテンドーDSのソフトを違法に複製、配信したとして、著作権法違反で実刑判決が下されています。

実刑判決の内容は、懲役2年6月、罰金200万円、追徴金約710万円となっています(求刑懲役4年6月、罰金200万円、追徴金約710万円)。

著作権法違反で実刑ということで、それだけ悪質だったということなのでしょうね。

朝霧被告はインターネット上で「DSゲームはダウンロードする時代」と宣伝。昨年7~8月、ゲームソフト「リズム天国ゴールド」を無断で複製した上で誰でもダウンロードできる状態にし、任天堂の著作権を侵害。

違法配信だけでなく、さらに偽ブランド品のバッグまで販売し、収益を他人名義の口座に移し替えるなどして隠していたということです。悪質でした。

■関連記事

ニンテンドーDSソフト違法配信の男に実刑

栩木純一裁判官は判決理由で「巨額の制作費を費やした著作権者の努力を踏みにじるもので、多額の損害が生じているのは明らか」と指摘した。