プロゴルファーがストーカー…元カノにメール93回、電話59回という記事より。

未練たらたら恋の“OBショット”―。兵庫県警明石署は12日、以前に交際していた自営業女性(30)につきまとったとして、ストーカー規制法違反容疑で兵庫・川西市在住のプロゴルファー・松本成太容疑者(29)を逮捕した。

プロゴルファー・松本成太容疑者が、かつての恋人に「電話下さい」「無視しないで」「会って下さい」などメールを計93回送るなどしてストーカー規制法違反容疑で逮捕されました。

松本容疑者は、しつこくメールを繰り返すようになる直前の今年2月に別の女性と結婚。

結婚してからストーカーになってしまった‥‥ということでしょうか?

日本ゴルフツアー機構によると、松本容疑者は2003年9月にプロに転向し、04年7月にプロデビュー。ツアー未勝利で、昨年は獲得賞金116万円でランク173位だった。

所属している太田染工ゴルフシティは逮捕されことについて「当然契約の見直しの話は出ると思う」としています。

松本 成太選手のプロフィール

2009-05-14_1339.png

■関連記事

プロゴルファー“暴走アプローチ”で逮捕

当然ながら女性から別れを告げられたが、なおも付き合おうと今年3-4月に復縁を求めるメールを送り付けたり、電話を掛けたりと女性に“ベタピン”。その果てに“ファー”となった。

プロゴルファーを逮捕、知人女性にストーカー容疑

逮捕容疑は以前交際していた女性が拒んでいるのに3―4月、繰り返し電話をかけたり、メールを送信したりした疑い。メールを1日に40回以上送ったこともあったという。