小室被告に懲役3年、執行猶予5年の判決という記事より。

杉田宗久裁判長は「栄光に満ちた日々を忘れられず、経済的な窮地に陥った結果の犯行で、あまりにもずる賢く、経緯や動機に酌むべき事情はない」と指摘。一方で、「被害を完ぺきに弁済して反省しており、ただちに刑務所に送り込むことに社会的意義を見いだせない」と述べた。

ここまでの小室哲哉被告です。

小室哲哉、詐欺で逮捕!!
小室哲哉、5億円を返済しても実刑?
ホリエモン、ブログで小室哲哉を語る
小室哲哉、毎月の生活費は800万円
小室哲哉容疑者「拘置所は寒い」
小室哲哉、保釈金3,000万円で釈放
小室哲哉の保釈金、立て替えたのは「エイベックス」
小室哲哉の告白本を出版するKAZUKIって誰?
小室哲哉、知人宅でKEIKOと“謹慎生活”
小室哲哉被告、起訴事実を認める
小室哲哉、ゴロが同じとglobeのメンバーに962万円
小室哲哉が詐取金を全額弁済→立て替えたのはエイベックス松浦

5億円を返済しても実刑では、という話もあった小室哲哉だったのですが、執行猶予付きの判決が下されました。

執行猶予の理由について、エイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長(44)が弁済金を工面したことに触れ、「被告を思い、支える人がいることは、更生に期待を抱かせる」と説明。「世間から厳しく指弾され評価が地に落ちたが、現在でも多数のアーティストをプロデュースし、音楽の世界に貢献したことは正当に評価されるべきだ」と付け加えた。

もう一度、頑張れよ、と、そういうことなのですね。

判決前夜は一睡もできず「刑務所に行く覚悟もしていた」ということです。

判決の冒頭で量刑が後回しにされたことから「実刑だ。刑務所に入るんだと思っていた」そうです。

音楽がわたしの天職。何が何でも再起しないといけない。プライドを守りたい」と記者会見で語ったということですが、ここから何ができるか、ですね。

■関連記事

小室哲哉被告は懲役3年、執行猶予5年

弁護側は(1)起訴状の内容を認め反省している(2)利息を含む6億4800万円を弁済した-を挙げ、執行猶予付き判決を求めており、実刑とするかどうかが焦点だった。

裁判長「ズル賢い」小室被告に懲役3年猶予5年

杉田宗久裁判長は「栄光に満ちた日々を忘れられず、経済的な窮地に陥った結果の犯行で、ずる賢く、経緯や動機に酌むべき事情はない」と指摘。

小室哲哉被告に懲役3年、執行猶予5年

刑法は、懲役3年以下の刑のときは、執行を猶予できると規定している。

「自分が情けない」小室被告、会見で謝罪

「二度とこういうバカなことをしないように、まっとうな人生を送ってほしい」「法廷で約束した通り、初心に立ちかえり愚直に生きて」。裁判長から諭されると力強く何度もうなずいた。その後、傍聴席に向かいこわばった表情のまま一度黙礼し退廷した。

小室被告が記者会見「自分が情けない」

この日は、62枚の傍聴券を求め660人が並んだが、大半が関係者とみられファンらしい人はまばら。小室被告が演奏する楽曲の放送を自粛している放送局もまだあり厳しい状況は続く。

KEIKOが謝罪「力を合わせて歩んでいきたい」

大阪地裁で11日、執行猶予付きの有罪判決を受けた小室哲哉被告(50)の妻KEIKOさんは同日午後「ご迷惑をおかけしている皆さまに深くおわび申し上げます。判決を真摯に受けとめ、今後も力を合わせ歩んでいきたい」と謝罪のコメントを発表した。