体操の岡崎聡子、またまた覚せい剤で逮捕という記事より。

警視庁野方署は16日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で体操元五輪選手の中島(旧姓岡崎)聡子容疑者(48)を逮捕した。

現在は中島聡子容疑者で岡崎は旧姓だそうですが、実に1995年に2回、2000年、2005年に続く5回目の逮捕だそうです、覚せい剤による。

逮捕容疑は16日午前3時15分ごろ、東京都中野区の乗用車内で、覚せい剤の入った袋8つを所持した疑い。

ウインカーを出さずに右折しようとしたところから、パトカーに停められ職務質問を受け、後部座席から覚せい剤が見つかったということです。

なんとなく、マーク的なものがついていたんじゃないか、という気がしてしまいますが、どうなんでしょうね。

「覚せい剤は自分のものだ」と容疑を認めているということですが、それほどまでに、薬物というのは縁を切るのが難しいものなのですね。

清水健太郎も、薬物では4回逮捕されていることを思い出します。

■関連記事

体操の元五輪選手を覚せい剤所持で逮捕

中島容疑者は高校在学中の1976年、15歳でモントリオール五輪に出場。78年に引退し、タレント活動もした。

覚せい剤やめられない!体操元五輪選手5度目の逮捕

逮捕容疑は16日午前3時15分ごろ、東京都中野区の乗用車内で、覚せい剤の入った袋8つを所持した疑い。