放火か!?「トトロの家」が全焼という記事より。

東京都杉並区阿佐谷北の「トトロの家」として親しまれていた空き家が全焼する火事が14日未明に起きた。出火原因は不明。

宮崎駿監督が、自著「トトロの住む家」の中で「トトロが喜んで住みそうな懐かしい家」として紹介した杉並区の「トトロの家」が、全焼してしまったのだそうです。

1929年頃に立てられたもので、建物を保存して公園を整備する計画があり、区が4億6,300万円で購入していたのだそうです。

しかし「トトロの家」は残念ながら全焼してしまいました。現在は空き家ということで、放火の疑いもあるとして捜査されていますが、元に戻すことができないと思うと残念です。

山田宏区長(61)は「極めて遺憾なこと」としながらも「トトロは“森の精”なので、区民の皆さまのご意見も踏まえ、トトロが棲めるような公園に整備していければ」とコメント。

元はどんな家だったのかな、と思ったら「トトロの家」、公園に - コミミ口コミという記事がありました。

2009-02-16_1624.png

緑に包まれた、趣のある家ですね。燃えてしまったとは、重ね重ね残念です。

となりのトトロ [DVD]

となりのトトロ [DVD]

■関連記事

「トトロの家」全焼!放火か…宮崎駿監督が著書で紹介

近隣住民によると、1月上旬にはトトロの家から約100メートル離れた公園内で、ぼや騒ぎが発生。竹の棒にマッチで火をつけた跡があったという。

トトロの家全焼、放火の疑いも…東京・杉並

家は1929年に建てられた洋風住宅。宮崎監督が、映画「トトロ」完成後に偶然見かけ、著書「トトロの住む家」(91年)で「トトロが喜んで住みそうな懐かしい家」と紹介し有名になった。